「納屋橋まんじゅう」

P1010435

出張先で仕事を手伝ってくれたパートの方に、
「名古屋名物だから」 と、いただきました。
お心遣いをいただき、ありがとうございました。

「納屋橋まんじゅう」ですか・・・知らなかった。

麹や酒母を使った酒まんじゅうですが、
皮には砂糖を一切加えないのが特徴だそうで。

P1010437

本家と分家の2店で販売されているようですが、
いただいたのは納屋橋饅頭 平田町分店のもの。

餡の小豆は北海道産。(ホクレンのもの)

P1010439

保存料なども使っていないので乾きやすいそう。

乾いて固くなってしまったら、蒸したり、焼いたり、
揚げたり、炒めたりして食べると良いようです。
公式サイトに「美味しい食べ方」が載っていました

私は、酒まんじゅうも酒蒸しパンも好きです。
ごちそうさまでした。

|

菓匠 禄兵衛の和菓子

P1010426

出張中、仕事が終わった後もホテルでお仕事。

夜食には差し入れでいただいた
「菓匠 禄兵衛」わらび餅草餅を。
半分だけ食べて残りは明日の「おめざ」に・・・happy02

名古屋では星ヶ丘三越に店舗があるのですが、
本店は滋賀県のようです。

次の日になってもあまり固くならなくて美味しかった。
東京か横浜にも店舗があればいいのになnote

【2012年6月追記】
東京駅構内にある 「ecute東京」に出店しているようです。
「食べログ」の情報

|

「シェ・トト」再訪しました

名古屋にいる時に気に入ったお店だったので、
最後の日に再訪してみました。

ここは多分、肉料理が美味しいのだと思うのですが、
この日は何とランチの肉料理が前回と同じでした
(サラダは「ラディッシュのサラダ」です)

というわけで、あえて魚料理をチョイス。
「コショウダイのポワレ エストラゴンソース」
エストラゴンっていうのはハーブの一種みたいです。

Img_0525

こちらも美味しくいただきました。

そして最後の日ということで、デザートとコーヒーをプラス。
デザートはブラックベリーのタルトだったかな?

Img_0526

名古屋ではこのお店の他には、写真はないのですが、
「バル・イスパニヤII」というお店が結構良かったな~。

|

フランス食堂「シェ・トト」

撮り溜めていた、名古屋でのお食事記事が続きます。

Toto

これは名古屋で拠点にしていた所から
徒歩圏内にあったおしゃれな雰囲気のお店、
フランス食堂「シェ・トト」

ランチメニューはメインを魚料理か肉料理から選び、
サラダとパンが付いて920円。この日はオプションで
コーヒーを付けました。(+330円だったかな?)

ちなみに+480円で、好きなデザートと
コーヒーを付けることも出来たと思います。

とりあえず、かぼちゃのサラダ(+パン)から。
野菜が美味しいです happy02

Ca3c0739

そしてメインは2種類から選べたのですが、
豚肩ロースとキャベツの蒸し煮をチョイス。

実はこれが結構ボリュームがありまして、
運ばれて来た時は、その厚みにビックリしました。
(お肉の下にキャベツがたっぷり隠れています)

Ca3c0741

食べ終わる頃にはお腹いっぱいで・・・。

名古屋の仕事が終わる前に、
もう一度来てみたいと思うお店でした。

後日、本当に再訪しました

|

「たけおか家 宗美」の和菓子

名古屋のマルシェに出店している時はよく買い物をしていた
「たけおか家 宗美」のリアル店舗に立ち寄りました。

P1000135

のぼりを見て 「くさ餅」が食べたくなったのですが、
この日は「くさ餅」はないとのことで残念。

かわりにオススメされたのがこちらの 「ねこやなぎ」

P1000141

ビジュアル的には地味ですが、説明を聞くと
羽二重餅白胡麻、そして白あんと私好みの原材料。

・・・というわけで即購入。そしてここでも「わらび餅」を。
(いったい何個食べれば気が済むのか・・・>私)

P1000142

抹茶ときな粉。ここのわらび餅も餡を包んだタイプ。

味はもちろん、箱を開けた時の香りがとても良かったです。
こういうタイプのわらび餅は買ってすぐ食べるのが一番。

ここでついでに名古屋のマルシェ・ジャポンにしか
出品しないという「黒豆大福」  「あんず大福」をご紹介。
まさに “ここでしか買えない” 絶品なお味でございます。

Img_0452

ちなみに、あんず大福の中は白あんです。

P1000300

他にも、マルシェで買ったものを少しご紹介。

「八丁味噌どら」もよく食べました。
八丁味噌というと味が濃いイメージがありますが、
生地も餡も上品な仕上がり。

Ca3c0900
(携帯のカメラで撮影したせいか、ちょっとピンボケですみません)

生地が二重になっているように見えますが、
別に二枚重ねているわけではなく、
膨らむ過程でそうなるとのこと。ちょっと不思議。
(他のどら焼きではあまり見ないような気がするので)

そして「丹波黒豆カステラ」

Ca3c0923
(携帯のカメラで撮ったせいか、色が悪くてすみません)

お店の方が黒豆好きということで、黒豆を使った商品には、
なみなみならぬこだわりがあるようです。
(そのこだわりは、「黒豆ういろ」のページをご覧くださいませ)

【2010年10月 追記】
「たけおか家 宗美」さんは、今はマルシェには出店していませんが、
お店では引き続きこだわりの和菓子を販売しているとのことです。
大福以外に、季節の生菓子も美味しかった。また食べたいな~。
また名古屋に行くことがあれば、寄ってみたいと思っています。

 たけおか家 宗美 [食べログの記事]
  愛知県名古屋市天白区一本松2-503
  TEL: 052-803-6007
  火曜日 定休(祝日の場合は営業)

| | コメント (0)

「DELi DE MARCHE(デリ・ド・マルシェ)」

名古屋にも野菜スイーツのお店があるらしい
ということで行ってきました。そのお店の名前は
「DELi DE MARCHE(デリ・ド・マルシェ)」

ひとくちに “野菜スイーツ” と言っても
中目黒の「ポタジエ」とはタイプは違って、
野菜のパンと野菜のロールケーキが人気みたい。
あとはお総菜やお弁当を売っているお店です。

ロールケーキは何種類かあったのですが、
カットでは売ってなかったので買うのを断念。
その代わりに野菜のパンを買ってみました。
(ほうれん草とトマト)

P1000155

割ってみると、結構色がきれいです。

P1000159

トマトの方はそんなにトマトっぽくなくてあっさり。
ほうれん草の方は香りがしっかりしていました。

あと、ついでにゴボウのガトーショコラも買ってみたり。
ゴボウはチョコレートと組み合わせることが多いですね。

P1000157

中にもゴボウが入っていて、トッピングもゴボウでした。

お店の場所が鶴舞線の塩釜口から結構歩くので、
気軽に行けるという感じではありませんが、
近所にこういうお店があるとちょっといいかも・・・。

|

芳光のわらび餅ほか

P1000110

徳川園に寄ったりしましたが、この日の目的地、
それは「芳光」でした。

私が仕事で名古屋へ行くと言ったら、
「芳光のわらび餅を買ってきて~」と言われたので、
どんなものかなと食べに行ってみたのです。

店内にイートインスペースがありまして、
お茶と茶菓子と共にいただきくことが出来ます。
(わらび餅と一緒に上生菓子も買ってしまった)

P1000112

わらび餅は菓子切り楊枝で切ろうとすると、
中の餡がタラ~っと出てくるくらいの柔らかさ。
確かにこの感覚は他ではなかなかないかも。

わらび餅は餡がないプルプルなタイプもありますが、
「芳光」は餡入りタイプ。私はどちらも好きですが・・・。

イートインスペースのテーブルに「かるめら」の
小割れが置いてあり、「ご自由にご試食下さい」と。
そして袋の方は「ご自由にお持ち下さい」とありました。

P1000116

食べるてみると白い方はゆずの香りがほんのり。
黒糖の方も美味しかったです。

そして、お茶を飲み終わるとおかめちゃんの笑顔。
(少しお茶の色が残ってしまっていてすみません)

P1000115

思わず帰りにわらび餅と別の上生菓子を
テイクアウトしてしまいました。

「芳光」わらび餅は、日持ちがするなら
是非おみやげに買っていきたい一品です。

・[食べログ]の記事はこちら

|

「徳川園」に立ち寄ってみた

P1000103

あるところへ行こうとして、長~い塀にあたりまして、
ずっと塀沿いに歩いていくと、「徳川園」に着きました。

P1000104

せっかくなので、ちょっと中にはいってみることに。

P1000119

敷地内には、美術館もあります。
徳川家の遺品をはじめ、国宝や重要文化財などが
所蔵されているそうです。

P1000120

ただ、行った友達の話によると、それらは
一度にすべてが展示されているわけではなく、
その時その時で一部づつ公開されているようです。

所蔵品が多いからなのかもしれませんが、
すべての所蔵品を見るには
何度か通わないとダメだということですね。

そして、ミュージアムショップ「葵」
ご当地なおみやげがたくさん揃っていました。

P1000121

この左奥に庭園の入口があったのですが、
他の用事があったので今回は見るのを断念。

ここの庭園は池泉回遊式で、瀧もあるようです。
牡丹園や菖蒲田もあるので、
その季節には美しい景色が楽しめそうです。

|

「コメダ珈琲」のモーニング

Img_0036

名古屋でコメダ珈琲店のモーニングを食べた時のもの。

コーヒーのお値段(380円)そのままで、
厚切りのバタートーストとゆで卵が付いてきます。
「バターは不要」と言えばトーストだけにしてくれるみたい。

そういえば、コーヒーのソーサーに 1968 という数字が。
コメダ珈琲店の1号店が開店したのが1968年だそうで。

Img_0037

各テーブルに置いてあるシュガーはグラム違いで
2種類あって、すべてにコメダのおじさんマーク入り。
ブランディングにお金かけてますね・・・。

Img_0258

この時だったか、近くに座った女性のお客さんが
朝から「シロノワール」を注文していてオドロキ。

しかも「ミニじゃなくて、レギュラーサイズね」
と、店員さんに念押ししてました。
名古屋の女性は朝からパワフルだな~と感心。

|

「若鯱家」のカレーうどん

Ca3c0905

これは名古屋駅の地下街エスカにあった店かな?

「若鯱家」というお店のランチメニュー。
カレーが食べたくなったので入ってみました。
で、カレーうどんに海老フライをトッピング。

もちろん完食。
しかもカレーが残ったのが勿体なくて、
ライスを頼んでかけて食べてしまう私って・・・。

名古屋で仕事をするようになって太った理由がよくわかります。

でもカレーうどんも名古屋のご当地グルメに
入っていたとは知らなかった。

ごはんと一緒に食べて思ったのですが、
名古屋のカレーうどんのルーは、わりかしサラっとしてました。
カレーうどんの汁としてはその方がいいかも。

|