多色ボールペンを愛用中

2009年頃からマルチカラー(多色)ボールペンをよく使っています。
そのきっかけは、「ほぼ日手帳」についていた3色ボールペン。

最初は軸が太いかな?と思ったけどすぐに慣れて、
わりと使いやすかった。けど、ほどなくして故障。突然割れた。

その時、同じものが欲しくて確認したら、ぺんてるの「Rolly C3」と判明。
前に書いたけど、ぺんてるの筆記用具は結構好きなのです)

で、Rollyの3色ボールペンを使っていたけど物足りなくなって4色にシフト。
軸は少し太くなるけど使っているうちに慣れてしまったし・・・。
(でも何だかRollyって、クリップのところが折れやすい気がします)

ところが最近になって他の4色(または3色)ボールペンを
使ってみようかという気になり、同じくぺんてるのVICUÑA(ビクーニャ)と、
JETSTREAMシリーズの3色ボールペンを買ってみた。

しかしJETSTREAMに3色ボールペンがあったなんて・・・。
4色のがあればそっちを買ったんだけど、そのお店にはなかったので。

上の写真奥が、ずっと使っていた ぺんてるの「Rolly C4」(4色)。
その手前(真ん中)が、同じくぺんてるの「VICUÑA C3」(3色)。
そして手前のピンクのが、三菱uni の「JETSTREAM 3」(3色)。

昔は1.0くらいの太字が好きだったけど、最近はスタンダードな0.7。

さて、3本すべてを使ってみて、私が書きやすいと思った順は、
JETSTREAM > Rolly > VICUÑA でした。

・・・うーん、相変わらずJETSTREAMは書き味がなめらかだわ。
(この後、メイン使用はすっかりRollyからJETSTREAMに移行してしまったし)

でもやっぱり4色は欲しいので、JETSTREAMに4色ボールペンが
あるのか探してみたら、シャープペンも付いた 4+1 があるみたい。
それも便利でいいけど、軸がどんどん太くなりそうな・・・。

ちなみにデイリーには使っていないけど、こちらはBICの4色ボールペン。

色がピンク、紫、黄緑、水色で、マイルドカラーが良いです。

というわけで、仕事でもプライベートでも多色ボールペンを愛用中です。

【追記】
その後、4色ボールペン+シャープペン(4+1)を購入しました。

JETSTREAM は1,000円クラスのしかなくて、失くすと悲しいので
今回はゼブラの「クリップ-オン マルチF」(キューティーピンク)
お値段は525円(税込)。
グリップのラバーの色が、本体の色と統一感があるのも気に入ったし。

色はオレンジかグリーンにしようと思ったけど、思うところあってピンク。

ちなみに一緒に置いてあるのは、JETSTREAMの替え芯。
記事の中で紹介した3色JETSTREAMの分。
当然ながら黒の消耗が激しいなと。 次は赤がなくなりそう。

そういえばパイロットの4+1 の多機能ペンも 525円のがありました。
好みはあると思うけど、私はゼブラの方がしっくりきたような・・・。

でもやっぱりJETSTREAMの書き心地は捨てがたい。
あーぁ、JETSTREAM も廉価版の 4+1 を出してくれないかな~。
(そしてグリップのラバーの色は、3色タイプのように本体の色と合っている方がいい)

| | コメント (0)

意外と重宝するかも?「携帯クリップスタンド」

100円ショップ「Seria(セリア)」でちょっと買い物をしたついでに、
「携帯クリップスタンド」という商品も買ってみました。

以前紹介したスタンドも棚に置いてあり使っているのですが、
この大きなクリップというスタイルが手軽そうなのでサブスタンドにと。

クリップは大きめですが、開き具合はソフトなので挟むのは楽々。

縦向きだと、クリップを挟む位置で多少の角度調整が出来そう。

後ろから見ると、こんなカンジ。

横向きでも安定するので、ワンセグを見る時に良さそう。

縦向きだと充電が出来ないけど、横向きだと充電も可能。

この手軽さは意外と重宝するかもしれないな~。

しかし今回久しぶりに100円ショップに入ってみたのですが、
スマートフォンやタブレット向きの商品が置いてあったりして、
なかなか侮れないな~と思いました。

特に「Seria(セリア)」は、女性受けしそうな
シャレたデザインの商品も多いしね。

ちなみにこの「携帯クリップスタンド」のカラー展開は、
ホワイトの他にブラックとレッドがありました。

| | コメント (0)

「文房具カフェ」でランチ

オープンしてから気になっていた「文房具カフェ」に行ってみました。

一度は店の前を通ったことがあったのだけど、その時は用事があって
ゆっくり店内を見ることは出来ず、場所を確認したにすぎませんでした。

この日は満を持して店内へ。今回はランチを食べる予定。

店内に入ると壁一面に文房具や書籍が置かれた棚。
そしてフロアにも文房具が置かれたコーナーがありました。

ロングセラーの文具や可愛らしいデザインの文具などなど、
油断するとムダに欲しくなってしまいます。

さて、ランチはロコモコにしてみました。野菜もたっぷり。

ドリンクですが、ティーエスプレッソのソーダとスカッシュがあり、
これどっちだったかなぁ。結局ソーダにしたような記憶が・・・。

ソーダ(スカッシュかも?)の中にエスプレッソを入れるのです。

右端に見えるグリーンの紙は、画用紙のランチョンマット
中央に文房具カフェのロゴが入っていてキュートでした。

+100円で文房具クジが引けるということでやってみました。

引いた袋の中には、マルチ定規とフォトマーカーが入っていました。
フォトマーカーは使わないけど、マルチ定規は便利そう。

メニューで迷ったカレーも機会があれば食べてみたい。
近くまで行くことがあれば、またオジャマしたいと思います。

 

 

| | コメント (0)

「赤レンガ オペラグラス」

「東京駅丸の内駅舎保存復原記念フェア」にて、
復原記念商品を購入するともらえる「赤レンガオペラグラス」をゲット!
(下に広げているのが「丸の内駅舎 見どころMAP」

プラスチック(ABS樹脂)製でおもちゃみたいですが、
ちゃんとピント調節が出来て拡大で見ることが出来ます(当たり前だけど)。
ちなみに拡大倍率は約3倍(と書いてあった)。まあ、ノベルティですから。

そして「TOKYO STATION CITY」のロゴが。やっぱり街(CITY)なのね。

「丸の内駅舎 見どころMAP」では、表面で駅舎の外観の見どころを、
裏面で南北ドームの見どころを解説しています。

9月末の段階ではドーム内部は公開されていなかったので、
そのうち見に行こうと思っています。このオペラグラスを持ってね(笑)

でも当分の間は観光客も含めて、人がかなり多そうな気がしますけど・・・。

| | コメント (0)

講談社文庫 特製ブックカバー

以前、新潮文庫のYonda?CLUBのブックカバーに応募しましたが、
その後、講談社文庫の特製ブックカバーにも応募してみました。

これは文庫本表紙の折り返しにある、
点線で切り取った葉っぱマーク10枚で1つもらえるブックカバー。

応募したのは5種類中、デニム生地のノーマルタイプ
デニム生地のスナフキン柄レザー風のムーミン柄の3種類。
(他にレザー風の紺色、赤いレザー風のミイ柄があります)

こちらは3週間足らずで到着。
大きな紙封筒の中に個別のビニール封筒で入っていました。
1つだけ応募したら、ビニール封筒の方で届くのでしょうね。

では、絵柄のアップを。

ノーマルタイプは折り返し部分に講談社文庫お馴染みの葉っぱマークが。

ムーミンとスナフキンの方も反対側に同じ葉っぱマークがあります。

文庫本の表紙の折り返し部分はテープで留めるようになっていますが、
レザー風とデニムで微妙に違っていました。

デニム生地のブックカバーに薄めの文庫本をセットしたところ。

165ページくらいの厚さだと、デフォルトの折り目でほぼピッタリかな?

それ以上厚さがある文庫本だと折り目がずれてくるので、
馴染むのに少し時間がかかると思います(特にレザー風の方)。

実は私は普段ブックカバーを使わないで、書店でかけてくれる
紙のカバーをかけたまま読むことが多いのですが、
この機会にちょっとブックカバーを使ってみようかなと思いました。

| | コメント (0)

新潮文庫 Yonda?CLUB 「Zipper付きブックカバー」

新潮文庫のYonda?CLUBに応募してみたら、忘れかけた頃に
ブックカバーが届きました。(届くまでは2か月くらいでした)

「Zipper付きブックカバー」の黒とオレンジを1つずつ。
個別包装になっていて、同時に応募したけど別々の封筒で届きました。

※このブックカバーは新潮文庫の表紙折り返し部分にある
  三角形のマーク20冊分(20枚)で1つもらえるものです。

封筒から出したところと、ビニール包装から出したところ。

大きな写真の方が良かったかな?

「ネオプレン製で軽くて使いやすい。ジッパー付きで本も傷まないスグレもの」
と、紹介されていました。

が、角丸仕上げなので、表紙を入れる時に傷めないようにしないとですね。

ちなみに、「しおりひも」は付いていませんのであしからず。

マチ幅があるので、ブックカバー以外にも何か使い道があるんじゃないか?
と思っているのですが、今のところ特にアイデアは浮かんでないのよね~。

なお、「新潮文庫の100冊」フェアでは、夏のプレゼント実施中。
Zipper付きのとは違う「Yonda?ブックカバー」がもらえますよ。

| | コメント (0)

自由が丘「ポパイカメラ」

自由が丘の豆スイーツのお店「Fève(フェーヴ)」
ほぼ向かい側にある写真屋さん「ポパイカメラ」

Dscn1318

ここは写真屋さんなのですが、カメラはもちろんのこと、
写真やカメラをモチーフにした雑貨や、周辺雑貨
(アルバムやシールなど)もいろいろ置いてあるので、
前を通るとつい入りたくなるお店なのです。

この日も何も買うつもりはなかったのだけど、
付箋タイプの小さいメモを買ってしまった・・・。

Dscn1333

私、こういうのわりとよく使うので。

To Do List の方は 50x70mmくらい。買い物メモに使う(笑)
フィルムの絵柄の方は50x50mmくらい。

本当は古いアルバムがだんだん汚れてきているので
取り替えたいのだけど、それがなかなか出来ずにいます。

| | コメント (0)

リラックマ ミニボールペン

伊藤園「TEAS' TEA」という商品に、
リラックマのミニボールペンが付いていました。

P1030344

・・・寝顔です。
普通の顔のと、コリラックマのはありませんでした。

さて、このミニボールペンはノック式になっています。

P1030346

ゴムひもが付いたパーツ部分を下にノックして芯を出し、
再度ノックすると芯が収納される仕組み。

そういえば去年の春頃、職場に出入りしていた業者の
オジサンに、お茶のおまけのリラックマ ミニボールペンを
「いらないからあげる」ともらったのを思い出しました。

出してみると、まだ開けてないし・・・。

P1030322 P1030323

いただいたこれは、同じく伊藤園
「おーい お茶」の去年のおまけだったのですが
キャップ式。(本体が全3色で、インクが黒と赤の2色)

P1030343_2

比較するのも何ですが、
今回のようなノック式の方が使いやすいかも・・・。
(本当に使うのか?>私)

というわけで、ドリンクのおまけなのに、
たった1年ほどで確実に進化を遂げている(?)
「リラックマ ミニボールペン」でした。

また次回に期待します。

| | コメント (0)

超越する「ツバメノート」

高級な方のツバメノートを買ってしまいました。

P1030154

ツバメノートと言えば、
基本は毛が混じったようなグレーの表紙の大学ノートですね。
(あれは一体何の毛なのかな?ツバメ?・・・まさかね)

今回購入したブルーのセクションノートは、
中紙がクリーム色の方眼紙で透かし入り。

紙はツバメの定番「フールス紙」で、こだわりの糸綴じ製本。
製本テープも強度のある「寒冷紗テープ」を使用。

そして、もちろん「超越」してます。

P1030153

→ このノートの中紙はJISを超越した83.5g/㎡を
  使用しています。

・・・と、そんなJISを超越する紙質の「ツバメノート」

書き捨てるようなメモよりも、
保存しておくような内容を記録したいと思ってしまいます。

今回のツバメノートは糸綴じ製本でしたが、
実は普段はダブルリングのノートが好きな私。
ついでに中紙が方眼になっていると言うことナシ。

最近、仕事のメモなどにはこれを使っています。

P1030170

美しく書くための Campusノート
コクヨと文藝春秋の共同企画で、
東大合格生のノートの取り方から生まれたノート、だそうです。

中紙は方眼ではないけど、ドット入り罫線を採用。

そのドット入り罫線を私は全然活かしていないけど、
コンビニなどで置いてあるお店も多くて比較的手に入れやすい
ということもあり、使う機会が多い気がします。

| | コメント (0)

リサとガスパールのクリップ

P1020734

最近はいろいろな形のクリップがあるようですが、
こちらはリサとガスパールの形をしたゼムクリップ。

先日行った『リサとガスパール&ペネロペ展』で、
グッズは何も買うつもりはなかったのだけど、
売場を歩いていて、ふと目に止まったのでした。

紙に差すと、リサとガスパールの顔を一筆書きしたような
形になるので、うまく作ってるな~と感心して、
「使ったら使ったでインパクトありそうだし、まいいか」と
買ってしまった。(小さなビンに入っている姿も良かった)

私が買った写真のものは、赤と白の組み合わせ。
(各色10個ずつで20個入り)

他に青と白10個ずつの組み合わせもあったけど、
なぜ色のバリエーションが赤と青なのか考えてしまう・・・。
二人(二匹)のマフラーの色が元になっているのだろうか?

とは言っても色は違っても形はまったく同じなので、
リサなのかガスパールなのかは区別がつきません。

どっちでもいいのかもしれないけど、リサは白いから
色がついている方がガスパールと見ていいのかな?

そう考えると、ブラック&ホワイトの組み合わせがあっても、
大人受けしていいかもしれませんね。(ガスパール黒いし)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧