« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

コンフィチュールのサシェ

P1000946

『コンフィチュール・エ・プロヴァンス』に行くことが
出来たので、お試しでサシェを3種類買ってみました。

左から、「キウイ&オレンジ」、「ブリーベリー&アールグレイ」、
「青トマト」
です。サシェは 30gの使い切りサイズで315円。

割高ではありますが、ちょっと食べてみたいとか
友達にプレゼントしたいという時なんかにはいいですね。

このお店のコンフィチュールは砂糖不使用
はちみつや水飴などの代替品も使わず、果物と果汁のみ。
着色料や保存料なども一切使わず自然の素材だけで
作っているのです。

なので、原材料名を見ると、商品名の果物の他にも
材料としていろいろな果物や果汁が使われています。

甘ったるくないけど果物が味や香りがして美味しいです。
種類がたくさんあるので、いろいろ食べてみたくなってしまう。
デイリーに使うにはお値段が少々高いのが難点。

何かのついでに銀座に行って、懐具合に余裕があれば
また買って食べてみたいと思うコンフィチュールでした。

【追記】
その後、銀座1丁目にあったコンフィチュールの店舗は閉店。
2012年7月5日に「銀座のジンジャー 銀座本店」として、
カフェを併設した店舗を銀座並木通りにリニューアルオープン。
銀座本店・移転リニューアルOPEN

|

実相寺 山高神代桜 2010

日本最古の桜、山高神代桜
支えられまくっていて、ふとダリの絵を思い出します。

P1000999

この桜の木は、山梨県北杜市武川町山高の
実相寺の境内にあり、日本三大桜の一つ。
日本最古と言われる推定樹齢は
1,800年以上、2,000年とも言われているそうです。

大正時代に国指定天然記念物第1号となり、
平成2年には「新日本名木百選」にも選定されている
その姿は見る者を圧倒する何かを持っています。
(伝説もいろいろあるらしい・・・)

枝はだいぶ落ちているとは言え、
まだまだ毎年花を咲かせる生命力を持っています。

この時はもう葉桜でしたが、
満開になったところも見てみたいものです。
神代桜の情報は北杜市のサイトで公開されています。

最後に後ろ姿もどうぞ。

P1010005

ちなみに日本三大桜は次のとおり。
すべて国指定天然記念物です。

■山高神代桜 (山梨県北杜市武川町山高)
■三春滝桜 (福島県田村郡三春町大字滝桜久)
■根尾谷淡墨桜 (岐阜県本巣市根尾板所上段)

|

HOKUO「おにぎりパン」

P1010077

『北欧トーキョー』今月のフェアは「おにぎりパン」
その中の鶏そぼろを買ってみました。これで昼ごパン。
(ちょっと前にきんぴらも買ってみた)
うさぎの形に切られた海苔がプリティーです。

ごはんがパンに変わっただけで、基本おにぎりそのまま。
鶏そぼろもきんぴらもやっぱりパンよりごはんの方が
合うとは思いけど、惣菜パンとしては面白いと思います。
米粉のパンにしたら、ますますおにぎりっぽくていいかも。

『北欧トーキョー』は、北海道に本社を置く『北欧』の関連会社。
売っているパンは同じだと思うけど、キャンペーンなどは
独自のようで、北海道のお店とは違うようです。

おにぎりパン、種類はまだまだたくさんあるので、
他のも食べてみようかな・・・。

|

ヒルズマルシェ in アークヒルズ(2010)

P1000952

久しぶりに『ヒルズマルシェ in アークヒルズ』へお出かけ。

言わずと知れた
マルシェ・ジャポン・プロジェクトの六本木会場です。

ここは開催時間が14時までと短いのですが、
思ったよりも賑わっていました。
場所柄、リピーターが多いのでしょうね。

おすすめされた山菜「こしあぶら」を買ってみました。

P1000972

「こしあぶら」山菜の女王と言われているそうで、
香り、苦み、アクは強めのようですが、
特にアク抜きなどはしなくて良いと言われました。
本当は天ぷらにするのが一番良いみたいですが、
炒め物にも向いているということで試しに購入。

それと柑橘類。
柑橘類ばかり売っているお店があると、
ついつい足が止まってしまう。

はるかや清見も良いけれど、買うなら温州みかんや
デコポンのように、皮をむいてすぐ食べられるのがいい。

というわけで、買ったのは「デコまる」という品種。

P1000977

デコポンから自然勾配で生まれた新種とのこと。
柑橘系好きなので、次の日にはなくなってしまいました。

野菜が安いお店もあったし、美味しそうな卵もあったし。
やっぱりマルシェはいいですね。
このまま青山のマルシェをハシゴします。

▽以前のヒルズマルシェ訪問記事
・2011/10/14 「ヒルズマルシェ」でオペレッタ (2011)
・2009/11/02 マルシェ・ジャポン@六本木アークヒルズ(2009)

マルシェ・ジャポン・プロジェクトの公式サイトはこちら

|

「浜っこ餃子」をいただいた

P1000948

ちょっと前ですが、冷凍餃子 50個入りをいただきました。
その名も 「浜っこ餃子」

発泡容器のままではウチの冷凍室には入らないので、
バットに移して冷凍保存。(写真は作業中)

この餃子の特徴は、酢やしょうゆやラー油を使わなくても
美味しく食べることができるように味付けされているところ。
(もちろんお好みで何を使っても良いのですが)
材料も国産にこだわっています。

焼く時も冷凍のままフライパンに並べて、
三分の一の高さまで水を入れて2~3分蒸します。

で、芯まで茹だったところでお湯を捨てて、
多めの油をかけてフタをして強火で2~3分。
焦げ目がついたら出来上がり。

P1000988
(↑もっと焼いても良かったくらい・・・)

調理は慣れると結構お手軽。
大きさがわりと小ぶりなので、一人でも10個くらい平気。

というわけで 「浜っこ餃子」、美味しくいただいています。
すぐなくなっちゃうかも・・・coldsweats01

|

さんき 「まぐろジェラート」

P1000943

城ヶ島サイクリングを終え、
三崎フィッシャリーナ・ウォーフ「うらり」に戻ってきて、
産直センターにある『さんき』で
「まぐろジェラート」を食べてみました。

乾燥マグロをフレーク状にして、
ワインで香り付けしているのだとか。

シングルで200円、ダブル300円だったかな?
意外と違和感なく普通に食べられます。

|

城ヶ島サイクリングで絶景巡り

三崎口の「うらり」でレンタルサイクルをやっていることを
知ったのは、半年くらい前の『横浜ウォーカー』の記事。

それを実行してみることに。コースはほぼ記事通りで。

まずフィッシャリーナ・ウォーフ「うらり」で自転車をレンタル。
6 Speedのクロスバイクですが、ちょっとママチャリ風。
3時間500円、以降60分ごとに200円加算。丸1日だと1,000円。

01_p1000890

それを渡船「白秋」に乗せてもらって、城ヶ島まで運びます。
(乗客優先なので、混んでいる時は自転車NGな場合もあるようです)
ちなみにこの白秋は、てんぷら油で運航しているエコな船。

02_p1000883

城ヶ島までは船に乗らなくても行けるみたいだけど、
きつい坂があって、結構ハードらしいということが
記事に書いてあったので、素直に「行き」は船で渡りました。

到着してからおみやげ屋さんが並ぶ通りを抜けると、
「城ヶ島灯台」に行く階段があります。
(通りが狭いので自転車は押して行きました)

自転車を適当に裏手に停めさせてもらって灯台へ。

04_p1000905

灯台の建物の中には入れませんが、高台からの眺めを。

空が澄んでいると、富士山が見えることもあるそうです。

P1000903

眺めを堪能したところで城ヶ島公園方向へ向かいます。
島の端まで行くので、少しは走っている気に・・・(笑)。

そして到着。駐車場が広いですが公園エリアも広い。
城ヶ島公園内は乗り入れ禁止なので外に駐輪。

07_p1000925

公園に入ると松林。きれいに手入れされています。

08_p1000913

奥まで進むと展望台があったので登ってみました。
そこからの眺め。

P1000920a

岩礁にいる人たちは何かを採っているのでしょうか?

11_p1000921

振り向くと、風力発電の風車。

09_p1000917

まだ先に公園が続いていたのですが、
来た道を戻って自転車はそのままに「ウミウ展望台」へ。

12_p1000928

そこからの眺め。絶景ですね。潮風が気持ちよかったです。

P1000931a

切り立った崖と海の眺めを堪能したら、
自転車を取りに公園に戻り、城ヶ島大橋を渡って自力で帰ります。

15_p1000938

城ヶ島大橋は全長575m。
こういう長い橋を渡ると、晴海大橋を思い出します
(ちなみに晴海大橋は全長580m)

そしてガードレールには魚のデザインが。

16_p1000939

ちょっと道に迷いながらも何とか「うらり」に帰ってきて、
無事に自転車を返却しました。

17_p1000881

天気も良いので何か冷たいものが食べたくなって、
ウワサの「まぐろジェラート」を食べることにしました。

城ヶ島は自転車で乗り入れ出来ないところが
多かったこともあり、あまり走った感はなかったのですが、
絶景ポイントは回れたのでとりあえず満足ということで。

|

叶神社(東西)と浦賀の渡し(ポンポン船)

約半年ぶりに浦賀に行きまして、駅から歩いて西叶神社へ。

ここの神社にいる狛犬(獅子)の子らは、何だか可愛らしいポーズで。

そして参拝を終えたら「浦賀の渡し」へ。

乗り場で待っていると、渡し船が対岸にいても
見える距離のせいかすぐに来てくれます。

乗ったら船賃を船賃置き場へ。(船賃大人150円)

渡し船(ポンポン船)に乗って東岸へ。

あっという間に対岸(東岸)に到着。

東岸に来たのは、東叶神社にもお参りするため。

目の前はすぐ海という、ステキなロケーションの神社。

海を眺める、子を抱く獅子がカッコいい。

そして境内脇にある200段以上ある石段から、
勝海舟が断食したという裏山(明神山)に登ってみます。

※この石段で恵仁志坂(えにしざか)産霊坂(むすびざか)
  という二つの坂を上がり、明神山の上にたどり着きます。

この山を上がりきったところにある陽だまりが良いのです。

奥に進むと、浦賀湾が見えました。

そういえば「叶神社」って、「叶」という文字がカタカナの
「ロト」に見えるので、「ロト神社」とも言われているとかいないとか。

浦賀を歩いている間はロトの売り場は見かけなかったけど
(町の中のお店などで取り扱っているのかも?)、
購入したらここで祈願してみるのも良いかもですね。

さて、この後は三崎口に移動しました。

この日はGW最終日だったのですが天気も良かったので
“城ヶ島サイクリング” を企画していたのです。

城ヶ島サイクリングの記事はこちら

|

【閉店】浦賀ランチ「ポルト・マリーノ」

半年ほど前に浦賀に出かけた時のランチ記事を今さら。
マリンポート・コーチヤのレストラン「ポルト・マリーノ」にて。

横須賀が近いので海軍カレーがあるかと思いきや、
浦賀の駅周辺でもよくわからず、最終的にここでお食事。
海軍じゃないけど、カレーを食べたい衝動は抑えきれず・・・。

窓から海が見える席で。まずスープとサラダ。

Ca3c0322

そしてカレー。

Ca3c0325

結構ボリュームがありまして、美味しくいただききました。
ごちそうさまでした。

Ca3c0321

【追記】マリンポート・コーチヤはサニーサイドマリーナとなり、
「ポルト・マリーノ」は、2010年8月30日で閉店したようです。

|

オオベソオウムガイのフィギュア

高知に行った時にいただいたもの。
桂浜に水族館があって、そこにあったカプセルトイから。

鑑賞図館シリーズ
生態造形図鑑 生命の鼓動Ⅰ
(鳥羽水族館 監修)

いただいたのは、オオベソオウムガイの捕食シーン。
小エビのようなものを食べています。

この時一緒にいた方が、このシリーズをコンプリートするために
たくさん買っていたところ、重複したものを譲り受けました。

|

フランス食堂「シェ・トト」

撮り溜めていた、名古屋でのお食事記事が続きます。

Toto

これは名古屋で拠点にしていた所から
徒歩圏内にあったおしゃれな雰囲気のお店、
フランス食堂「シェ・トト」

ランチメニューはメインを魚料理か肉料理から選び、
サラダとパンが付いて920円。この日はオプションで
コーヒーを付けました。(+330円だったかな?)

ちなみに+480円で、好きなデザートと
コーヒーを付けることも出来たと思います。

とりあえず、かぼちゃのサラダ(+パン)から。
野菜が美味しいです happy02

Ca3c0739

そしてメインは2種類から選べたのですが、
豚肩ロースとキャベツの蒸し煮をチョイス。

実はこれが結構ボリュームがありまして、
運ばれて来た時は、その厚みにビックリしました。
(お肉の下にキャベツがたっぷり隠れています)

Ca3c0741

食べ終わる頃にはお腹いっぱいで・・・。

名古屋の仕事が終わる前に、
もう一度来てみたいと思うお店でした。

後日、本当に再訪しました

|

「たけおか家 宗美」の和菓子

名古屋のマルシェに出店している時はよく買い物をしていた
「たけおか家 宗美」のリアル店舗に立ち寄りました。

P1000135

のぼりを見て 「くさ餅」が食べたくなったのですが、
この日は「くさ餅」はないとのことで残念。

かわりにオススメされたのがこちらの 「ねこやなぎ」

P1000141

ビジュアル的には地味ですが、説明を聞くと
羽二重餅白胡麻、そして白あんと私好みの原材料。

・・・というわけで即購入。そしてここでも「わらび餅」を。
(いったい何個食べれば気が済むのか・・・>私)

P1000142

抹茶ときな粉。ここのわらび餅も餡を包んだタイプ。

味はもちろん、箱を開けた時の香りがとても良かったです。
こういうタイプのわらび餅は買ってすぐ食べるのが一番。

ここでついでに名古屋のマルシェ・ジャポンにしか
出品しないという「黒豆大福」  「あんず大福」をご紹介。
まさに “ここでしか買えない” 絶品なお味でございます。

Img_0452

ちなみに、あんず大福の中は白あんです。

P1000300

他にも、マルシェで買ったものを少しご紹介。

「八丁味噌どら」もよく食べました。
八丁味噌というと味が濃いイメージがありますが、
生地も餡も上品な仕上がり。

Ca3c0900
(携帯のカメラで撮影したせいか、ちょっとピンボケですみません)

生地が二重になっているように見えますが、
別に二枚重ねているわけではなく、
膨らむ過程でそうなるとのこと。ちょっと不思議。
(他のどら焼きではあまり見ないような気がするので)

そして「丹波黒豆カステラ」

Ca3c0923
(携帯のカメラで撮ったせいか、色が悪くてすみません)

お店の方が黒豆好きということで、黒豆を使った商品には、
なみなみならぬこだわりがあるようです。
(そのこだわりは、「黒豆ういろ」のページをご覧くださいませ)

【2010年10月 追記】
「たけおか家 宗美」さんは、今はマルシェには出店していませんが、
お店では引き続きこだわりの和菓子を販売しているとのことです。
大福以外に、季節の生菓子も美味しかった。また食べたいな~。
また名古屋に行くことがあれば、寄ってみたいと思っています。

 たけおか家 宗美 [食べログの記事]
  愛知県名古屋市天白区一本松2-503
  TEL: 052-803-6007
  火曜日 定休(祝日の場合は営業)

| | コメント (0)

「DELi DE MARCHE(デリ・ド・マルシェ)」

名古屋にも野菜スイーツのお店があるらしい
ということで行ってきました。そのお店の名前は
「DELi DE MARCHE(デリ・ド・マルシェ)」

ひとくちに “野菜スイーツ” と言っても
中目黒の「ポタジエ」とはタイプは違って、
野菜のパンと野菜のロールケーキが人気みたい。
あとはお総菜やお弁当を売っているお店です。

ロールケーキは何種類かあったのですが、
カットでは売ってなかったので買うのを断念。
その代わりに野菜のパンを買ってみました。
(ほうれん草とトマト)

P1000155

割ってみると、結構色がきれいです。

P1000159

トマトの方はそんなにトマトっぽくなくてあっさり。
ほうれん草の方は香りがしっかりしていました。

あと、ついでにゴボウのガトーショコラも買ってみたり。
ゴボウはチョコレートと組み合わせることが多いですね。

P1000157

中にもゴボウが入っていて、トッピングもゴボウでした。

お店の場所が鶴舞線の塩釜口から結構歩くので、
気軽に行けるという感じではありませんが、
近所にこういうお店があるとちょっといいかも・・・。

|

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »