« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

横浜中華街「関帝廟」&「媽祖廟」

「廟(びょう)」というのは、日本で言えば
「神社」に近い意味を持っているそうです。

横浜中華街には、『関帝廟』と『媽祖廟』という
2つの廟があり、出かけた折りに参拝してみました。
(ちなみに行ったのは7月のことです)

まずは『関帝廟(かんていびょう)』から。

ここに祀られている主神は「関聖帝君」
武将・関羽と言えば、『三国志』に詳しい人は
きっとすぐにわかるでしょうね。

闘いの神様ということもあり、
かなりパワーが強いようで、商売繁盛や交通安全、
入試合格などにご利益があるそうです。

その『関帝廟』は、赤と金色がきらびやかな建物。

P1010674_

階段を上がったところまでは誰でも入れるし、
見ることもできますが、奥まで入ってお参りするには、
5本で500円の長いお線香を買い求めます。

長いお線香はそれぞれ指定の香炉に供えます。
これは身を清める儀式だそうです。

お参りの仕方は、神前にひざまづいて合掌し、
住所・氏名・生年月日を告げてお願いごとをします。
(それぞれの廟にいる方が教えてくれます)

あと、お願いごとがかなえられた時に、
お礼として供える、「金紙」というのがあります。
これはお供えした後に専用の香炉で燃やします。

独特のおみくじもありますので、
興味のある人はぜひ現地で試してみてください。

次は、『媽祖廟(まそびょう)』です。

実は私は数年前にここの前を通ったことがあって、
豪華な建物だな~と思ったけど、入ることはしませんでした。
今回はもちろん入りましたけど。

天上聖母「媽祖」を祀っている、青と白が美しい建物です。

P1010658_

お参りの仕方は 『関帝廟』 と同じで、
金紙やおみくじも同じようにあります。

「媽祖」は本来は航海の安全を護る神様とのことですが、
自然災害や疫病・戦争・盗賊などからも人々を護っているそうです。

中華街には、この2つの「廟(びょう)」のほかに、
風水思想に基づいて建てられた
10基の「牌楼(ぱいろう)」があります。

それらも紹介しようと思ったのですが、
このときに 1基だけ写真を撮り損なったので、
またの機会にしようと思います。

|

静岡銘菓「こっこ」と「安倍川もち」を買ってみた

P1010754

有楽町から帰る時、交通会館の地下に
静岡県のアンテナショップ『しずおかプラザ』
見かけたので、お茶うけに「こっこ」(2個入り)と
「安倍川もち」を買ってみました。

両方とも、株式会社ミホミの商品です。

「こっこ」を食べるのはかなり久しぶりですが、
素朴な口当たりは変わらない。
玉露とあずきのバージョンもありました。

半分に切ってみたところ(断面)。

P1010756

「安倍川もち」の方は、
パッケージ裏にその由来が書いてありました。

家康と安倍川もち

その昔、安倍川上流の金山を訪れた徳川家康に、
土地の者がきな粉をまぶした餅を
「金粉餅(きなこもち)」と称して献上したところ、
家康公がその機知を誉めて「安倍川餅」と
命名したのが由来といわれています。
おいしい静岡茶と共にお楽しみにください。

とのこと。
食べる時に一応、お皿に移してみました。

P1010758

あんこのお餅も食べると、さすがに甘さが残ります。
やっぱりお茶と一緒に食べるのがベスト。

使われているお餅は白いお餅じゃなくて、
わらびもちみたいな半透明のお餅でした。

■こっこオンラインショップ

|

43rd Sony Aquarium 3D沖縄美ら海水族館

Img_0661

有楽町のソニービルで、こんな光景が撮れました。

8月31日までやっているイベント、
『43rd Sony Aquarium 3D沖縄美ら海水族館』

もう43回も水族館イベントをやっているんですね。
全然知りませんでした。

今回知ったのも、友達と銀座で食事をした後に
ビルの前を通ったのがきっかけだったしで・・・。

その時は置いてある水槽や館内をざっとは見たものの、
帰ってから持ってきたパンフレットやしおりを見ると、
期間中にもう一度ゆっくり見てみたいと思わせるものが
あったので、再度行ってみることにしたのでした。

外のイベントスペースにある大水槽では、最初の画像
のような光景が楽しめます。ウツボやエイもいましたよ。

P1010742

Img_0671

Img_0669

そして、館内 1階にはサンゴ礁に暮らす生きものたち。

P1010748

それにウミガメも(多分、タイマイ)。カワイイです。

P1010745

2度目の訪問は、東京国際フォーラムで
ミスドのイベントを楽しんでから移動して来ました。

そして今回はスタンプラリーにも参加しながら、
館内全部を回ってみたりして・・・。

2階~3階で体験できる3D映像もなかなかですが、
3分間ほどの短いものがほとんどです。
(その中では、マンタが優雅に泳ぐ映像が一番好きでした)

このイベントでは、8階の「OPUS」で上映されている
約9分間の美ら海水族館の3D映像がイチオシ&必見!

200インチの大スクリーンで繰り広げられる
美ら海水族館の「黒潮」の世界。癒されます・・・。
9分と言わず、もっと長く観ていたかったです。

ここでは出来るだけ前方の席で、前の人をジャマに
思わないように席を確保することをオススメします。
(館内は少し寒いので、約9分といってもご注意を)

前の方にいた子供が3Dのジンベエザメが泳いで
くるたびに触ろうとしたり、「うぁぁ・・・」とか言いながら
よけようとするのが、見ていて面白かったです。

スタンプラリーでは、4階のマネックスラウンジにも
入らなければならなくて、スタンプを押した後に
パンフレットなどを見ていると、マネックスのお姉さんに
「コーヒーでもいかがですか?」と声をかけられました。

アンケートに協力したら館内の一部のレストランで
使える200円割引券をいただけるということだったので、
答えつつコーヒーをいただきながら、しばし休憩。

ラウンジ内のビジョンでは、なかなか上昇しない
日経平均と、円高の状況が語られていました・・・sweat01

P1010749

そんなこともありつつ、おかげ様でスタンプはコンプリート。
(結構キレイに押せたのでヨカッタですhappy01

P1010751

でも全部押せたことで満足してしまい、
抽選してくるのを忘れてしまいました。あーぁ・・・。

あと、館内のところどころにアドベンチャーカード
というのがあるのですが、6枚すべてを集めて、
裏の模様を組み合わせて遊ぶことができます。

P1010752

別に長方形じゃなくてもよくて、例えば
L字型に並べたとしても、どう組み合わせても
模様が繋がるようになっているのですが、
これはアーティストの野老朝雄氏の作品で、
生物の繋がりを象徴しているそうです。

カードの表側はソニー製品の宣伝になっています。

P1010753

というわけで、なかなか楽しく過ごせました。
このようなイベントが無料で楽しめるのはいいですね。

ソニー製品が好きな人、3D映像を体験したい人、
美ら海水族館の雰囲気を少しでも味わいたい人、
とにかく海や自然が好きな人、そんな皆さんは
8月中に有楽町や銀座近辺に出かける
ついでがあれば、寄ってみてはいかがでしょうか。

Sonyaquarium

■43rd Sony Aquarium 3D 沖縄美ら海水族館
 ・2010年7月19(月)~8月31日(火)
 ・11:00~19:00
 ・東京・銀座ソニービル
 ・入場無料

|

「ピクニックコーン」の刺身

P1010724

【冷たくされると、甘いんです】

そんなキャッチコピーの「ピクニックコーン」
北海道の姉から送ってもらいました。ありがたいです。

レンジで2分半チンして、冷蔵庫で冷やすと、
3日間はプリプリ状態で食べられる甘いトウモロコシ。

このサイトで紹介されていた “刺身” にしてみました。
確かに甘い! 水分がやや多めなのかジューシーです。

小ぶりで食べきりサイズなので、おやつにピッタリ。
冷やして食べられるというのは、
今年のような猛暑(酷暑)続きの夏には良いかも。

そのまま食べるのもいいけど、実を外して冷凍して、
炒め物などに入れて使ったりもしてました。

山梨の 「甘々娘」も美味しかったけど、
来年は別の品種、「ゴールドラッシュ」を食べることを
すでに目標に決めています。

|

2010年「たまがわ花火大会」&「多摩川花火大会」

P1010709

今年も花火の季節が終わろうとしています。

本日は、川崎市の『多摩川花火大会』と合同開催の
世田谷区の『たまがわ花火大会』があって見てきました。

多分、手前に見える方が川崎市の花火で、
奥が世田谷区の花火らしい。
ま、きれいな花火が見られるならどっちでも良いのですが。

中盤にさしかかり、ハート型とかドラえもんの顔とか、
ニコニコマークの花火が上がり始めてちょっと間延び。

が、その後かな? 富士山型に花火が上がってから
賑やかになったのでまた写真を撮ってみたりして。
(下の画像の中央下部分に富士山の形が見えます)

P1010713

その後、富士山型花火の麓から斜め上に向かって
まるでロケットのように花火がビューッと発射して、
ギャラリーがどよめきました。
あっという間だったので写真は撮れず・・・。

フィナーレはややおとなしめかな~という印象でしたが、
最後にかなり大きな花火が上がり、シメと相成りました。

P1010723

今年も天気が良くてよかったです。来年も見れるかな?

|

「Touch the Numbers」

株式会社テクノードが提供するiPhone向けゲーム
「Touch the Numbers」の無料版をやってみた。

P1010692

■公式サイトでのゲーム紹介

Touch the Numbers (タッチ ザ ナンバーズ) は、
1から25までの数字をプチプチ感覚でつぶして、
そのタイムを競うシンプルなゲームです。
早いタイムを出すためには、周辺視野力(視界の
中心から外れたモノをぼんやりと認識する力)が
必要となるため、
周辺視野力のトレーニング効果も期待できます。

以前に、J-WAVEの某番組で紹介されていて、
その時にインストールしてみたけど、
ろくにやらないままいったん削除してました。

でもなぜか最近ふと、周辺視野を鍛えてみようかな
という気になって、再インストールしてやってみました。

最初の記録は17秒台だったかな?
何度か繰り返しやって、13秒台くらいが平均になった頃、
最初の17秒台の記録をランキングリストから消すことが
目標になり、消したら次は16秒台を消す→15秒台を消す
というように、小さな目標をクリアしていったのでした。

ヒマにまかせてやり始めて3日目くらいの最高記録は
10秒台だったので、リストの最後は12秒台だったことも
あって、目標を「10秒を切ること」に設定変更しました。

5日目になり、ちょっと飽きがきつつも10秒台をクリアsign03

で、世間の最高記録って何秒くらいなの?と思って
調べてみると 3秒台だそうで・・・ すごいですね~。

その時にわかったのですが、速い人は両手を使って
やってるんですね。 私は左手にiPhoneを持って、
右手だけで打ってるので、いくら頑張っても8秒台が
出たらいい方だろうな~と思ったら、目標を達成して
いたこともあったので、すっかり冷めてしまいましたcoldsweats01

おかげさまで現在の自己最高記録は 9.620秒
ランキングリストの最後(100位)は、11.827秒です。

P1010698

うーん、しかし5日で飽きてしまうとは・・・
(諦めてしまったと言った方が近い?)、
また挑戦する日は来るのだろうか・・・sign02

次にやる時は両手で打つ練習から始めてみようかな~。

※その後、少し日をおいてやったら記録更新しました。
 8.396秒(片手)です。 これ以上はちょっと難しいかも。

|

明治神宮内「レストランよよぎ」でランチ

P1010643

明治神宮内の『レストランよよぎ』でランチ。

これは原宿セット \1,100- (豚肉と木の子炒め、
韓国風冷やっこ、白身魚のフライ、ライス、スープ)

箸袋の「明治記念館」の文字が意味もなく嬉しい。
(仕事で使ったことがあるのですが、お庭がきれいでした)

もちろんすべて完食。結構食べ応えがありました。

|

明治神宮散策と「宝物殿&宝物展示室」見学

絵に描いたような良い天気の日に、明治神宮をお散歩。

P1010630

御社殿にお参りした後、西参道に出て、
宝物殿に行く途中の芝生からの眺め。
(ちらりと見える赤い屋根が宝物殿です)

近くを歩いていた子供がドコモのビルを見て、
「あれはエンパイア・ステートビル?」と親に訊いてましたcoldsweats01

そして宝物殿に到着。
過去に何度も前は通ったことがあるけど、
入ったことがなかったので今回「お初」です。

P1010633

大正10年(1921年) 10月に竣工。
奈良の正倉院の校倉造りを模した校倉風大床造りで、
平成15年7月に東京都の歴史的建造物に選定されて
いるそうです。

P1010635

殿内には、明治天皇ゆかりの品々が
展示されていますが、初代・神武天皇から
歴代天皇の肖像画も展示されています。

明治天皇が一番ワイルドでカッコいい。
仁徳天皇は慈悲深く優しそうな雰囲気が伝わるお顔。
意外に大正天皇が穏やかでいい雰囲気。
昭和天皇はもっと良い感じに描けなかったのかな?
と思ってしまった・・・失礼。

殿内はそれほど広くないので、
展示を一気に見てしまったあとは外の芝生や
池の周辺を少し散策しつつ、脇道から北参道に入り、
もうひとつの宝物展示室へ向かいます。

木々に覆われている参道では、しばし暑さもしのげます。

P1010642

宝物展示室(お土産屋さんの建物の上)では、
「明治神宮の創建」という展示を行っていました。

明治天皇が崩御されてから、明治神宮が創建される
までの歴史や、関わった人々が紹介されていました。

創建に関わった人々のみならず、
明治天皇を慕い敬う民衆の思いが伝わってくるようで、
ちょっと感動モノでした。

その後、「お初」ついでにランチも明治神宮内の
レストランに、初めて入って食べてみることにしました。

|

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »