« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

「コスモプラネタリウム渋谷」

2010年11月21日にオープンした「コスモプラネタリウム渋谷」

行きたいと思いつつも、各メディアで話題になっていて
混んでいそうで二の足を踏んでいましたが、行ってみました。

柿落としは「HAYABUSA -BACK TO THE EARTH-」
帰還バージョンで、上映時間は約50分。

小惑星探査機「はやぶさ」が、2003年5月に打ち上げられてから、
ミッションを終えて帰還を果たした2010年6月までの旅を追った映像。

そのミッションは小惑星イトカワの岩石を採取してカプセルに収め、
地球に持ち帰る(届ける)こと。

「はやぶさ」はカプセルを地球に投下することで送った後に、
自身は大気圏で燃え尽きてしまうので、
“帰還” と言っていいのか疑問ですが・・・。

イトカワへの着陸失敗、燃料漏れ、通信途絶など、
数々のトラブルに見舞われながら、
助けも望めない状況の中、満身創痍で任務を遂行する「はやぶさ」。

なぜこんなドラマティックな展開になったんだろう?
CGなんだけど、観ていてジーン・・・としちゃいます。

個人的には「スイングバイ」というテクニックに注目。
本来は綿密に計算され、検証を重ねたものだろうけど、
タイミングを狙い、チャンスをモノにする感じが良い。

「コスモプラネタリウム渋谷」は、桜丘町に出来た
「渋谷区文化総合センター大和田」12F
エレベーターホールの窓から東京タワーが見えました。

P1020375

フロアはあまり広くはないですが展示スペースがあり、
昔の望遠鏡や隕石などの展示のほか、
上映中の「はやぶさ」関連のパネル展示もされていました。

「屋外観望スペース」とされた場所はこの日は
立ち入り禁止
になっていたので、まだ整備されていないのでしょう。

約9年ぶりに渋谷にプラネタリウムが出来た(戻ってきた)
ということで話題になっているようですが、
その9年前まで『五島プラネタリウム』で、
約44年間の長きにわたり活躍していたカールツァイスIV型投影機が、
センター内の2F(ロビー階の上)に展示されています。

まだまだ平日でも混んでいるようで、30分前に行ったら
直近の回はすでに満席で、その次の回も残り13席でした。
私がチケットを購入した数分後にはその回も満席に・・・。
(満席になったのを見届けてから、時間つぶしに外に出ました)

フラッと行ってサッと観るというのは今のところ難しそうなので、
これから行こうかなと思っている方はご注意を。

▽DATA
『コスモプラネタリウム渋谷』
 ドーム直径: 17m、客席: 120席
 映像システム: GEMINISTAR III(コニカミノルタ)
 観覧料: 一般 600円

| | コメント (0)

紅葉散歩2010: 六義園

「小石川後楽園」に行った後、南北線で移動出来るので、
紅葉のハシゴを・・・と思い立ち、「六義園」に向かいました。

P1020335

「六義園」は回遊式築山泉水の大名庭園。
明治時代には岩崎彌太郎の別邸だったそうです。

最初の画像は正門ですが、
こちらは染井門から入ったところからの道。

P1020332

そして、この一帯はライトアップされるという紅葉ポイント。

P1020315

P1020317

「つつじ茶屋」から「吹上茶屋」に向かう道で。

P1020331

「吹上茶屋」周辺。色とりどり。よくお手入れされてます。
赤と黄色と緑が揃えば、信号機カラー?ラスタカラー?

P1020320

「滝見茶屋」から見える滝。
枕流洞(まくらながしのどう)というところを通ってきた水が、
水分石(みづわけいし)により、三方に分かれて流れています。

P1020321

六義園では「吹上茶屋」「心泉亭」などのお休み処で、
抹茶と和菓子のセットがあり、ちょっと心が揺れました・・・。

P1020327

「渡月橋」を渡り、池を眺めながら。
鯉もカモも大きくて、とても元気です。

P1020329

六義園は手入れの行き届いた印象で風情ある庭園でした。

私は今回、南北線で移動したので染井門から入ったのですが、
約350m離れた正門から入ると、「しだれ桜」があるようです。

以上、2010年の紅葉散歩・第二弾でした。

| | コメント (0)

「涵徳亭」の後楽園弁当

小石川後楽園の中に、集会所を兼ねたお休み処
『涵徳亭(かんとくてい)』があり、
簡単なお食事が出来るのでそこでお弁当ランチ。

食べたのは、「後楽園弁当」(630円)。

P1020312

二段のお重に入っていますが、
男性にはちょっと物足りないかも・・・です。

でも涵徳亭の客層はお年を召した方が多そうだったので、
これくらいでちょうどいいのかもしれません。

他のお食事メニューは、鉄火うどん(鉄火丼とうどんのセット)、
刺身定食、煮魚定食。すべて630円。

あとは甘味類。コーヒーはケーキとセットで。
生ビールもありました。

お弁当は窓から紅葉が見える席で、ゆっくりいただきました。

P1020308

| | コメント (0)

赤坂ランチ「十干」

P1020283

仕事関係の打ち合わせがあり、赤坂に行くことに。

遅めのランチをどこかで・・・と、お魚が食べたくなり
「十干」でランチ。前に赤坂に勤務していた頃、
一度入ったことがあるお店で、それから約4年ぶり。

軽めに食べようと「海鮮丼」を選んだけど、
結構ボリュームがあって、サラダと五目汁付きで
食べ応えがありました。お腹いっぱいです。

ごちそうさまでした。

山海料理屋 十干 赤坂見附店
[山海料理と手打そば]
山海料理屋 十干 赤坂見附店
地下鉄赤坂見附駅 徒歩2分
〒107-0052 東京都港区赤坂3-10-2 赤坂コマースビルB1(地図
ぐるなびで 山海料理屋 十干 赤坂見附店 の詳細情報を見る
※2011年8月15日現在の情報です
ぐるなびぐるなび

| | コメント (0)

目玉焼き+ご飯→『猿の手』

P1020204

俳優の小栗旬が『目玉焼きのっけご飯』を作って、
その上から味の素を大量に振りかけるというCMを見て。

【味の素KK】教えて!AJIテク
TVCM「溶岩目玉焼きのっけご飯」

化学調味料が苦手な私にはあり得ない味付けだけど、
「ご飯に目玉焼きを乗せる」という図を見ると思い出すのは
オーソン・ウェルズ劇場『猿の手』という作品。

それはかなり昔のこと。(高校を卒業した頃だったかな?)
恩師のお宅を訪問し、合流する人を待っている時、
手持ち無沙汰でふと目にした新聞のテレビ欄に
『オーソン・ウェルズ劇場』の文字を見つけてしまった私。
しかもその日の放送は初回で、見たかった『猿の手』

『猿の手』は多分、誰かのエッセイか何かで紹介されて
いたのを読んで、見てみたいと思っていたんだと思うけど、
その元ネタが何だったのかはどうしても思い出せない。
(当時よく読んでいた渋澤龍彦かと思ったけど、どうも違うようで・・・)

とりあえず時間になったら見せてもらえることになり、
その後、もう一人の方も合流。

すると恩師の先生が、
「腹減っただろ?簡単だけどうまいもの作ってやる」と言い、
作ってくれたのが 「目玉焼きのっけご飯」
(丼ではなく皿盛りでしたが)
「これにさっと醤油をかけて食うとうまいんだ」と先生。

そうして私たちは 「目玉焼きのっけご飯」を食べて、
オーソン・ウェルズの『猿の手』を見るに至ったわけですが、
今思い出しても何だか奇妙な体験だったな~と。

それがいまだに記憶の中で結びついているということは、
自分で思う以上に強烈な印象が残っているんでしょうね。

ちなみにこの『猿の手』は、W・W・ジェイコブズ原作の
短編小説を元にした、よくある「3つの願い」を題材にした話。
ストーリーを知りたい人はWikiで。(映像は見れないけど)

『オーソン・ウェルズ劇場』ってDVD化されてないのね。
残念・・・。DVD化されたら全編見てみたいと思うのでした。

| | コメント (0)

「豊川稲荷」でいなりずし

「豊川稲荷 DE いなりずし」 という、
ふざけたタイトルにしそうになりました・・・。

赤坂に出かけたときに、豊川稲荷に寄りました。
豊川稲荷は境内に売店がいくつかあって、
いなりずしやうどんを食べることができます。

ということで、いなりずし。甘酢しょうが付きで。

P1020053

1個で足りるの?と思ったアナタは鋭いです。
実はうどんも食べました。お餅が入った力うどん

P1020054

油揚げも入っていて、甘めの味付けでした。

さらに売店で売っていた招き猫のチョコボールが
目に入って、5個入りを購入。

見ての通り、ネコが描かれているのは袋の方だけで、
一袋に2粒ずつ白いチョコボールが入っているもの。

P1020068

よく見ると「一万両」の小判を持ったネコが4匹いる中、
なぜか1匹だけ「千万両」の小判を持つネコが・・・。

後ろを見てみると、「千万両」のネコは「億万長者」shine

P1020070

他は隣から「良縁幸運」×2、「運気上昇」「満願成就」。
全部叶うといいですね~。

ちなみに赤坂の豊川稲荷は、
愛知県にある豊川稲荷東京別院にあたり、
神社ではなく お寺(曹洞宗)です。

初めて境内に入りましたが、結構濃い雰囲気でした・・・。

| | コメント (0)

その後のパキラ

P1020269_2

7月末に我が家に来たパキラ

その後、3ヶ月半が経過し、背丈は2倍くらいになり、
葉の数は3倍くらいに増えました。

でも南国生まれのせいか、寒くなるにしたがって、
新しい葉に元気がなくなってきた気がします。

ずっと室内を20度以上に保っていればいいのかも
しれないけど、それは無理な相談というもの。

春まで何とかしおれずにいてほしいものです。

| | コメント (0)

「シュルレアリスム展」の予告

Surrealism

鬼が笑っちゃうような話題ですみませんsweat01

来年の開催なのですが、
観に行こうかなと思っている展示のご紹介を。

シュルレアリスム展
 -パリ、ポンピドゥセンター所蔵作品による-

2011年2月9日~5月9日 @国立新美術館

チラシから。

ルネ・マグリット「秘密の分身」

Surrealism_magritte

イヴ・タンギー「岩の窓のある宮殿」

Surrealism_ytanguy

この2点は公式サイトで行われている投票
対象作品(18点)にもピックアップされていました。

そして、なぜか公式サイトにリサとガスパールの姿が。

どうやらリサの方がポンピドゥセンターの住人らしい。
それでお友達のガスパールとともに、
ナビゲータ役として、白羽の矢が立ったようです。

リサとガスパールのグッズが付いたお得な鑑賞券も
販売中ですよ。(販売期間:11月11日~2月8日)
http://www.sur2011.jp/ticket.html#gaspa_lisa

いつもフラリと行って、当日券で観ることが多いけど、
今回は前売り券を買っておこうかな~と思案中。

2011年4月に観に行ってきました

| | コメント (0)

皇居外周ウォーキング

おでかけ記事が続いて疲れてきましたが、
もうひと頑張りして、皇居周辺を散策します。

皇居外苑にある「楠公レストハウス」「売店くすのき」には、
散策コースのパンフが3種類置いてあるのですが、
前回「皇居外苑・東御苑」を参考にしたので、
今回は青いパンフ「皇居外周散策」をすることにしました。
(あとひとつのコースは「北の丸公園・東御苑散策」です)

Image1

外周コースだけど東御苑には入りたい(天守閣跡に上りたい)
ということで、東御苑を抜けるオプションコースを採用。
(パンフには徒歩約90分コースとありました)

長くなるので、ポイントだけ紹介していきます。

スタートは「楠公レストハウス」。そこから楠正成像を通過。

01

そして皇居外苑を進み、「二重橋」
近い将来、母を連れてきたいと思っています。

02

いよいよ外に出ます。外周ウォーキングですから。

桜田門を出て右に曲がり、外周を時計回りに歩きます。

03

三宅坂をあがっていくと、道路の向こうに
国会前庭にある時計塔が見えるかもしれません。

そして、「最高裁判所」が見えます。

04

その隣には「国立劇場」も。

05

ふと、桜田濠に目をやるとカモの群れが・・・。
(写真に写っているのは、ほんの一部です)

06

やがて「半蔵門」まで。(残念ながら閉じられてました)

07

そのまま千鳥ヶ淵公園沿いに進んでいくと、
道路の向こうに「英国大使館」が見えます。

08

「英国大使館」を過ぎたら右手に曲がって、
代官町通りを進みます。

前方に見えてくるのは、「東京国立近代美術館工芸館」

09

そして乾門を通り過ぎ、北桔橋(きたはねばし)まで来たら、
オプションコースの東御苑に入ります。

10

入ると、すぐに「天守閣跡(天守台)」が目の前にドーンと。

11

これは裏側なので、左手から回り込みます。

「桃華楽堂」の前を通り、

12

さっそく「天守閣跡」に上がってみることに。
前回は上がらなかったので)

ここにお城があったのね~。

13

上からは、武道館の屋根が見えました。

14

一段降りて、広場側の眺めも。

15

ひと休みして天守閣跡を後にしたら、
汐見坂
を下って「二の丸庭園」に向かいます。

16a

庭園ではホトトギスの花がたくさん咲いていました。

17

池と滝もあります。

18

庭園を抜け、「大手門」からまた外周に戻ります。

19

この後のコースは、「和田倉噴水公園」→「明治生命館」
→「楠公レストハウス」でゴールになりますが、
私は今回、和田倉噴水公園をゴールにしました。

※2009年の「皇居外苑&東御苑散策」についてはこちらから。

| | コメント (0)

江戸の名水「櫻の井」

P1020141

加藤清正が掘った井戸というと、パワースポットとして
名高い、明治神宮の御苑にある「清正の井」が有名。

こちらの「櫻の井」も清正が掘った井戸だそう。
しかも江戸の名水とされていたとか・・・。
武将なのに井戸掘り名人なんですね、清正は。

でもこの「櫻の井」は、
今も現役で湧き出ている「清正の井」と違って、
井戸の跡なのが残念。

場所が国会前庭の北地区にあると思ったら、
内堀通り沿いにありました。これはわかりにくかった。

もともとは交差点のところにあったようですが、
工事のため原形のまま約10m移動しているそうです。

P1020138

幕末当時は江戸城を訪れる人々に、
豊富な水を提供していたという太っ腹な井戸だったそう。
それはやっぱり記念に残したくなるでしょうね。

| | コメント (0)

憲政記念館内「霞ガーデン」でランチ

国会前庭(北地区)にある「憲政記念館」内のレストラン
「霞ガーデン」でランチ。

こういう施設にあるので食堂っぽいのかと思いきや、
内装はちゃんとレストラン。窓から庭が見えて明るいし。

ランチメニューもいろいろ。1,000円前後で食べられます。

『オムライス ハヤシソース』が人気ありそうだったのですが、
今月のヘルシーメニューから
『いさきのポワレ プッタネスカソース(613kcal)』を。
スープ、サラダ、コーヒー付で 1,000円也。

P1020124

イタリアンなお味のソースで。
付け合せはズッキーニ、カボチャ、さつまいも。
揚げてあったので、最後にデザートっぽくいただきました。

ちなみにこれは「TABLE FOR TWO」対象メニュー。

TABLE FOR TWOとは、
開発途上国の飢餓と先進国の肥満や生活習慣病に
同時に取り組む、日本発の社会貢献運動です。
1食につき20円の寄付金がTABLE FOR TWOを通じて
開発途上国の子供の学校給食になります。

食後にコーヒーをいただき、庭のソテツを見ながらまったり・・・。

P1020126

ここで「櫻の井」の場所を教えていただいたので、
後で行ってみようと思います。ごちそうさまでした。

| | コメント (0)

GyaO!の動画で 『タイガーマスク』

Tiger_pit

この「虎の穴」のオープニングカットは、やっぱりカッコいい。
虎に羽をつけたのは正解。

『タイガーマスク』、見たのはアニメの1作目の方です。

Wikipediaによると、初回放送が 1969年とあったので、
私が子供の頃に見てたのは再放送だったと思うけど、
つい懐かしくなり、7話まで無料配信していたので一気見。

改めて見ると荒唐無稽というか、時代を感じますね~。

リアルタイガーの方は代を重ねているみたいだけど、
私がファイトを見たのは初代タイガーだけだと思う。
寅年のせいか、CMにもちょこちょこ出ているようですね。
(カルビーのCM出演は四代目、パチンコCMの方は正体不明らしい)

GyaO!での動画(7話まで)は、2010年12月31日まで配信中。

★FEAVERタイガーマスク 【アニメ版タイガーマスク】

| | コメント (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »