« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

古川裕也写真展 「ランドスケープ・イリュージョン」

Landscape_illusion

新宿Nikon Salonにて開催中の古川裕也写真展
「ランドスケープ・イリュージョン」
を見に行きました。

最近立て込んでいたし、開催期間が短いこともあり、
もしかしたら行けないかも・・・とも思っていましたが、
何とか間に合って良かった。

新宿に着き、会場に足を踏み入れて、
写真展の内容紹介を読み、会場全体を見渡してみる。
それから一枚一枚じっくりと。

静謐な空間に展示された戯曲 「野生」 の“舞台”の数々。
そこには緑と青、そして氷の世界。緑も青も色がきれい。

が、そのほとんどに、いるべき動物たちの姿はない。
演者のいない舞台。主のいない部屋。

そんな動物たちのための空間が目の前に並ぶ。
その作られた自然、・・・それは本来不自然なもの。
ならば、いかに自然に近づけて見せるか。

まるでその成果を見るかのように、イリュージョンの
数々を眺めていると、そこに思いや労力といったものは、
いったいどれだけ注がれたのだろう?と考えてしまったり。

限定された空、限定された海(人はそれをプールと呼ぶ)、
縮小されたジャングルや森・・・。

このように模した環境を「ニセモノ」としてしまったら?

だとしたら、環境に適応していくであろう動物たちは、
ニセモノの環境の中にいることで、
私たちが気がつかないうちに時間をかけて少しずつ
ニセモノになっていってしまっていくのかもしれない・・・
それもまたイリュージョン?

・・・なーんて、写真を見ながらも
ぐるぐるといろいろなことを考えてしまった写真展でした。

さて、ハンドメイドだと言う冊子を入れてくれた袋には、
マレーバクのスタンプが・・・。かわいいですね。

※一部の表現は、写真展の内容紹介文から引用しています。

【古川裕也オフィシャルサイト】http://www.yuyafurukawa.com/

●EXHIBITION DATA
 
古川裕也写真展 「ランドスケープ・イリュージョン」
  場所:
新宿 Nikon Salon
  期間: 2011年1月25日(火)~ 1月31日(月)

  場所: 大阪 Nikon Salon
  期間: 2011年5月5日(木)~ 5月11日(水)

●その他の古川裕也写真展 関連記事
 ⇒
古川裕也写真展 「Southbound:サウスバウンド」(2009年9月21日) 

| | コメント (0)

「グラッチェガーデンズ」でランチ

Gg_lunch

出先でランチを食べることになり、何となくピザが食べたいなと。
一人だと普段はそんなにピザを食べる機会ってないからね~。

というわけで、入ったお店は
「GRAZIE GARDENS(グラッチェガーデンズ)」

カジュアルなイタリアンレストランだけどファミレスっぽいな~
と思ったら、すかいらーくグループのお店でした。

そこでピッツァランチ(アスパラ&ソーセージ)を。
ランチバール(ドリンクバー)を付けてのお手軽なランチでした。

| | コメント (0)

「クツ?くつ・・・それでも靴!」赤摩千穂WORKS展

Akamachiho_works

靴が持つフォルムに魅せられ、
そこから広がるイマジネーションを形にした作品たちが並ぶ
ユーモアあふれる美しい展示。

開催を知るのが遅すぎて、ギリギリ最終日に見に行けました。
エントランスの展示タイトルには、モンシロチョウを捕獲中の
白いカメレオンの靴が添えられていました。

会場に足を踏み入れると、ハチ、バッタ、カブトムシ、カエル、
カタツムリといった虫たちをイメージした靴の数々が。

中央には、「旅するバナナ」というバナナの形の大きな靴。
(本当に世界各地を旅して、その写真集なんか出ると面白いかも。
映画『
アメリ』の中に出てきた旅する人形のようなイメージで・・・)

さらに白いベビーシューズをシャリに見立てて、寿司ネタの
デコレーションを施した作品などは、軍艦系のものなんか
案外シャレでいけるんじゃないかと思いながら見てしまった
ユニークな作品たち。

そして私が一番見たかった「幸せなテーブル」シリーズ。

ローストチキンもありましたが、ガトーショコラ、ミルフィーユ、
ショートケーキなどのスイーツが、「靴」という形を借りて、
その風味や色合いを様々な素材とデコレーションで表現されて
いるのを見ていると、ちょっぴり幸せな気分になってしまう。

ウェッジソール部分にそれぞれのケーキの断面が表現されて
いたのですが、フルーツやクリームがたっぷりで・・・(笑)

他にも日本画風の一部分に靴を配した作品もありましたが、
図録に載っていた『鯉の滝のぼり』は実際に見てみたかった。
(その作品では、靴で鯉を表現していました)

図録は1,200円。
見本を見ると今回展示されていない作品も載っていたこともあり、
どうしても欲しくて買ってしまったけど、個人的に残念だったのは
写真が私好みではなかったこと。どうも色が抜けていてマットな
質感に見えるのですが、もっとビビッドでツヤ感のある仕上がりに
なっていたら良かったのにな~と思ってしまいました。

照明当てすぎ?それとも印刷のせいかもしれませんが・・・。

何はともあれ、赤摩千穂さんというアーティストのセンスが光る、
楽しく、微笑ましく、そして華やかさを感じる展示でした。

▼EXHIBITION DATA
「クツ? くつ・・・ それでも靴!」赤摩千穂WORKS展
会期: 2010年12月4日(土)-2011年1月16日(日)
場所: POLA MUSEUM ANNEX (ポーラミュージアム アネックス)
※入場無料

| | コメント (0)

ミッキー&ミニー@銀座

P1020549

銀座で目に留まった、4℃の店頭に飾られていた
ミッキー&ミニーのジャンボサイズのぬいぐるみ。
衣装を見ると、ブライダルバージョンのようです。

なぜか親子連れがこのぬいぐるみと一緒に
記念撮影をしていました。撮影禁止の表示が
なかったのをいいことに、私も便乗してパチリcamera

近くにあった小さな立て札に、168,000円で
注文出来るというようなことが書かれていたような・・・。
(記憶は曖昧です。すみません)

以上、銀座で見かけたベストカップルでした。

| | コメント (0)

シリコンスチーマー(鍋)で蒸しパン作り

去年あたりからタジン鍋Lekue(ルクエ)が注目を浴びて、
書店に蒸し料理のレシピ本がたくさん並んでいた時期がありました。

他にもViV(ヴィヴ)CHARLES VIANCIN (シャルルビアンサン)
といったメーカーからもシリコンスチーマーが出ていて、
雑貨店などでもよく目にしたので少なからず興味はあったのですが、
お値段もそれなりにするので買わずにいました。

というわけで、ここにきてお試し出来そうな
鍋タイプのシリコンスチーマーがあったので買ってみることに。

P1020532

『シリコンスチーマー付き 栄養たっぷり楽チン!クッキングレシピ』
というタイトルですが、最近よくある付録の方がメインで、
それに本というよりも冊子が付いているパターンのもの。

シリコン素材だし、折りたためる仕様だからということもありますが、
わりと作りはヤワで、ヘナヘナです。

レシピ本はA5サイズくらいでホチキス留め。46ページ。

本を読んで、すぐ出来ることをやってみようということで、
パスタを茹でてみましたら、あと1分というところで吹きこぼれてしまい、
あえなく中断。水が多すぎたのかな?
ご飯も炊けるとレシピにあったけど危険そうなのでやめました。

次にトライしたのは蒸しパン。蒸しパン、好きなので。

材料はホットケーキミックスと豆乳(レシピでは紅茶味)。
それにドライアップルを使うことになっていたけど、
私はケーキ用のドライフルーツチップを使ってみました。

ホットケーキミックス200gとお好みの調整豆乳200mlを混ぜて、
ドライフルーツを上から好きなだけ振りまいて、
レンジで7分+出して2分蒸らします。

が、途中でフタが反ってきてしまい、蒸し料理の意味がない状態に・・・
フタに蒸気を逃がす穴がないのよね。

それでもとりあえず完成。
が、今ひとつ膨らみが足りない感じは否めません。

P1020538

ドライフルーツは混ぜずに撒いただけなので、
反対側に集中。なので、ひっくり返すとこんな感じに。

P1020542

後日、抹茶味の豆乳で再挑戦。
思い切ってフタに蒸気穴を2箇所くらい開けてみたら、
それなりに膨らみました。(穴開けは自己責任で)

P1020544
※穴を開けず、フタをほんの少しズラせば良かったのかも・・・

しかし、手軽に蒸しパンを作れるのはいいけれど、
一人で食べるにはさすがに量が多いです。

今度は料理にもチャレンジしてみようとは思って
いるものの、何を作ってみるかはまだ思案中・・・。

ちなみに別の出版社から出ていたシリコンスチームなべの本もあって、
そちらの方が何かと評判が良いようです。

残念ながらもう販売していないようなのですが、
大きな書店ならまだ少し在庫が残っているかもしれません。

というもの先日、日本橋の丸善で平積みされているのを見かけて、
レシピの内容が気になって立ち読みしたので。
また行った時に在庫がまだあったら買ってしまうかも・・・。

【追記】
Amazonで、2月28日に再入荷するようです
さらに第二弾も発売
のようです。

| | コメント (0)

元住吉ランチ「ZOULI cafe」

最近は書きたいことがあっても、なかなか集中して
書くことが出来ないので、軽く去年のランチの話でも。

元住吉でランチを食べることになった時に入ったお店。
駅のわりと近くにある『ZOULI cafe(ゾウリカフェ)』
(写真は撮ってないので、お店のフリーペーパーの一面をご紹介)

P1020547

遅めの時間だったにも関わらずほぼ満席で、
地元ではかなり人気のお店のようでした。

食べようとしたパスタランチは、パスタの他に
前菜2種の盛り合わせ、自家製パンが食べ放題、
自家製デザートとドリンク(コーヒーか紅茶)付。
パンの食べ放題って嬉しいですね。

私がこの日選んだパスタは、自家製パンチェッタを
使ったアマトリチャーナでした。
自家製のパンチェッタはスモーキーで深い味わい。

あ、メニュー看板の写真がありました。

P1020281

他に、メインが選べるスペシャルランチもありました。
また機会があれば、ぜひランチしたいお店でした。

ランチの後はせっかくなので、
モトスミ・ブレーメン通り商店街をブラブラ歩いてみました。
元住吉には10年以上前に住んでいたことがあるのですが、
お店は随分入れ替わったな~というのが率直な感想。

P1020280

商店街にある 「ブレーメン音楽隊」の像は、
ドイツ・ブレーメン州(&ロイドパサージュ商店街)から、
平成10年に友好の証として贈られたものだそうです。

| | コメント (0)

塩バターチキンバーガー(モスバーガー)

P1020465

最近、スイーツとジャンクな記事ばかりですが・・・coldsweats01

モス『塩バターチキンバーガー(ペッパー風味)』
これは去年の暮れに食べたんだったかな?

塩バターと謳っているだけあって、塩気が効いてました。
和風だしベースの塩味で下味をつけているとのこと。

ポテトを固めて揚げた具も入っているので、
セットメニューにする必要ないですね。(サラダならOK)

販売期間は、2010年12月26日から 2011年2月7日まで。

| | コメント (2)

2011-0111の鏡開き

P1020439

ゾロ目のようでゾロ目じゃない。そんな今日は鏡開き。
タイトルで、日付を電話番号っぽく区切ってみたけど、
別に意味はありません。

今年はお供え餅はお雑煮にせず、あべかわ餅に。

写真を見て、
お供え餅を切ったにしては形が揃っているじゃない?
とお気づきのアナタ、・・・鋭いです。

写真を撮らなかったので、以前撮ったあべかわ餅を。

実はこれ、冬至にかぼちゃのいとこ煮を作って残った
ゆで小豆を、あべかわ餅に添えて食べてみた時のもの。
こんなところで使うことになるとは思わなかったけど・・・。

さて、今日もJ-WAVEで1並びの日付のことを話していた
番組があったけど、これが '11年11月11日になると、
ゾロ目本番ということで、もっと話題になるのかも。
その日付を記念したノベルティが何かしら出てきたり。

では、10ヶ月後を楽しみに・・・。

| | コメント (0)

ミスド「エンゼルテディパン」

ミスドの期間限定商品『エンゼルテディパン』

ふわふわのホイップクリームをサンドして、
チョココーティングした可愛い くま顔ドーナツ。

3種類ある中からとりあえず「くまキャラメル」
(目の下に出来ているのはクマじゃないよ)

P1020523

そして、一番人気だった「くまチョコ」も。
(ちょっとブサイクなのしか残ってなかった・・・sweat01

P1020524

他には「くまイチゴ」もありましたが食さず。
(さすがに3個はキツイしね)

一緒に限定で出ていた、『必勝ドーナツ』
「桜風味ホイップ」「いよかん風味ホイップ」
の商品が気になりました。

期間中に行くことがあればトライしてみます。

| | コメント (0)

まい泉「七草コロッケバーガー」

P1020516

1月7日の朝に、七草粥を食べて無病息災を
願うという習慣がありますが、最近はスーパーでも
七草セットのようなものが売られていますね。

とはいえ、1人分の七草粥を作るのはちょっと面倒。

だからというワケではないのですが、デパ地下の
まい泉で売られていたミニバーガーから、期間限定の
『七草コロッケバーガー』を買ってみました。

七草はコロッケの具として入っているのですが、
バンズ自体も淡いグリーン。上には白ゴマが・・・。

P1020518

中はこんな感じで。七草は少なめかな?

P1020519

特に青臭いということもなく、食べやすかったです。

ちなみに日持ちはしなくて、確か当日中(23時まで)。
2011年1月4日(火)~1月7日(金)までの販売のはず。

しかし、春の七草(セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、
ホトケノザ、スズナ、スズシロ)
は子供の頃に
まるで呪文のように覚えてしまったのですぐ出てくるけど、
秋の七草(ハギ、キキョウ、クズ、フジバカマ、オミナエシ、
オバナ、ナデシコ)
は大人になってから知ったせいか、
いつまで経っても覚えることが出来ません・・・。

| | コメント (0)

「シュガーバターの木」&「シュガーバターサンドの木」

P1020487

銀のぶどうシュガーバターの木(上)と、
シュガーバターサンドの木(下)です。

去年の早い時期から発売されていたようですが、
私は去年のお彼岸に帰省する時に、
羽田空港にある売場で行列が出来ているのを
見て知りました。結構、人気の商品みたいです。

「シュガーバターの木」は、
こがし砂糖とこがしバターのシリアルスイーツで、
プレーンタイプは一袋に2枚入り。

P1020493

それにホワイトチョコをサンドしたのが、
「シュガーバターサンドの木」です。
大きさはプレーンタイプより少し小さめ。

P1020489

こがし砂糖(バターを乗せて、シュガーをふりかけて、
こんがり焼いている)なんて書かれていたので、
甘いのかな?と思って食べてみたら、
それほど甘くなかったし、シリアルもスカスカじゃない
ので、食べた感もそれなりにありました。

この他にもホワイトチョコがけした
「ショコラバターの木」という商品があります。

お値段も手頃だし、ある程度の数が入っていても
そんなに重くなさそうなので、おみやげに良いかも。

公式サイトを見ていたら、
「ポテトバターの木」「シュガーファース」といった、
シュガーバターシリーズの進化系商品もありました。

今度の帰省する時に買うおみやげは、
このシリーズのどれかにしようかな~?

| | コメント (0)

お正月といえばお雑煮

P1020483

新年を迎えた昨夜は、近所のお寺からと思われる
除夜の鐘を聞きながら眠りにつきました。

朝は普通通りにコーヒーを飲みながらパンを食べたり
していたけど、お昼にはお雑煮を作って食べました。
(お餅が好きなので、お正月と言えばおせちよりもお雑煮です)

関東風の小松菜を使ったおすまし仕立てのお雑煮です。

野菜をたくさん入れるタイプのお雑煮も好きなのですが
(北海道では、具だくさんのお雑煮をご馳走になることが
多いです)、自分で作る時はいろんな意味でシンプル。

参考になるレシピを探してみました。
 ↓
◎鶏、小松菜、かまぼこの雑煮(オレンジページ.net)
◎鶏と小松菜のお雑煮(ホームクッキング【キッコーマン】)

ちなみにウチにはオーブントースターがないので、
お餅を焼くのにフライパンを使いました。
(グリルだと経過がわかりにくいし、パンクしやすいので)

熱したフライパンにクッキングシートを敷いて、
お餅をこまめにひっくり返しながら焼いていると、
焼き色もちゃんとついてきます。
(クッキングシートは敷かなくても大丈夫みたいです)

さて、明日は友達と初詣に出かける予定。
2日になれば少しは混雑も解消されているかな?
残りわずかな休暇を、楽しく過ごせればと思います。

| | コメント (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »