« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

「東京おもちゃ美術館」で童心に返る

00_p1030080

四谷三丁目駅から徒歩数分。
旧四谷第四小学校校舎を利用した「四谷ひろば」の中に、
「東京おもちゃ美術館」はありました。

受付をしたあと、学校の廊下を展示室となった
教室を見ながら進んで行きます。グッド・トイ展示室を見て、
世界のおもちゃが並んだ企画展示室を見たあとに
待っていたのは「おもちゃのもり」

01_p1030088

部屋の中は木の香りがして、木製のおもちゃがたくさん。

06_p1030084

約20,000個の木のボールで埋め尽くされた「木の砂場」

02_p1030089

子供たちが去ったあとに私も入ってみました。
なんだかマッサージ効果がありそうなカンジがします。

03_p1030107

縁がレール状になっていて、ボールを転がせるように
なっていました。ボールに使われている木は
イタヤ、ナラ、イチイ、カタスギ。(見本が置いてありました)

他にも木琴や大きなソロバンなんかも・・・。

05_p1030082

木のおもちゃでいろいろな遊びが出来るように、
ブースが並んでいました。

04_p1030111

とりあえず椅子がかわいいです。(一部はショップでも販売)

07_p1030081 08_p1030119

中でも私が気に入った椅子はこれ。

09_p1030113

アシンメトリーなデザインがステキです。

さて、ひとしきり遊んだ後は、2階に移動。

2階の順路は「おもちゃのまち きいろ」から。

10_p1030091

入るなり、オストハイマー社の木製人形(動物)がお出迎え。

11_p1030092

そして私が気に入った「クーゲルバーン」のコーナーにあったおもちゃ。
上にボールを置くと、カタカタと音を立てながら下に落ちていきます。

11_p1030094

他にもボールを転がすと音が鳴るおもちゃがたくさんあって楽しかったです。

次の教室は「おもちゃのまち あか」
ここは日本の伝統的なおもちゃが置いてありました。

12_p1030096

廊下にはこんなものが・・・。

13_p1030097

そして次の教室は「ゲームのへや」

テーブルサッカーやボードゲームやパズルゲーム
などが楽しめます。

そしてボードゲームの王様と言われているという、
『クアルト! - QUARTO!』が展示。
もちろんこの場で遊ぶことも出来ます。

15_p1030101 14_p1030099

私はロンポス的な中国の木製パズルを解きまくり。

そして、15個のタイルを並べ替えるゲームをしていると、
学芸員の方から挑戦状が!
このパズルが得意なら、これを解いてみなさいと。

16_p1030102

わかりますか? 最後の14と15が入れ替わってるだけなのです。

挑戦されるくらいだから多分解けないだろうと思ったけど、
とりあえずチャレンジ。いろいろ並べ替えてみたけど、
結局前後の数字が入れ替わった状態は直すことが出来ずギブアップ宣言。

すると、これは「解けないことが証明されている」唯一の問題
なのだとの回答。証明されているんじゃ解けなくても仕方ないですね。

最後に、受付横に置いてある木馬を。

17_p1030105

これはイギリス王室御用達のものなのだとか。
月に一度くらい、乗ることが出来るイベントを開催しているようです。
もちろん大人もOKとのこと。

というわけで、散々遊んでミュージアムショップも見て楽しんできましたが、
2歳と4歳の姪っ子を連れてきてあげたいと思いました。
(北海道にいるので難しいことですが)

木製のおもちゃは手触りが良くていいな~と改めて思いましたが、
お値段が高めなのが玉にキズでしょうか・・・。

▽DATA
東京おもちゃ美術館
 東京都新宿区四谷4-20 四谷ひろば内
 10:00~16:00(入館は15:30まで) ※木曜日休館
 おとな 700円/こども 500円
 おとなこどもペア券 1,000円
 ※平日パスポートや団体割引などもあり。

| | コメント (0)

プリングルス期間限定「ソルト&ペッパー」

P1030219

プリングルスの期間限定商品「ソルト&ペッパー」
コンビニで見かけて買ってみました。

かなりペッパーが利いていて、オトナの辛さです。

| | コメント (0)

森永製菓の「杏仁キャラメル」

P1030177

6月10日は「ミルクキャラメルの日」森永製菓が制定)
だったそうで、森永がそれを記念して限定発売したのが、
この「杏仁キャラメル」

杏仁豆腐が好きなので、買い物ついでにカゴの中に。

キャラメルって大人になってからは食べることが
ほとんどなかったのだけど、黒糖とかあずきとか、
いろんな味のキャラメルが一緒に並んでいました。

箱を開けてみて思ったのですが、今のキャラメルって、
粒がかなりキューブな形になっているのね。
昔はもうちょっと平たい形だった気がします。

包み紙もワックスペーパーのようなものではなく、
銀色の紙に。ちょっとむきにくいです。

子供の頃、森永の商品はチョコボールはよく食べたけど
(実はオモチャのカンヅメももらったことがあります)、
キャラメルはあまり食べなかったのでした。

キャラメルだと、グリコ(おまけつき)をよく食べたかも。
あとは明治クリームキャラメル(赤い箱)も。

個人的には、グリコのアーモンドキャラメルと、
明治ヨーグルトキャラメルが好きでした。

久々に食べたキャラメル、杏仁風味が美味しかったです。
「杏仁キャラメル」は、7月末まで数量限定で発売中。

▽森永製菓 ニュースリリースより【PDFファイル】
6月10日 ミルクキャラメルの日を記念して杏さんが
プロデュースした杏仁豆腐味の「杏仁キャラメル」新発売!

| | コメント (0)

そごう横浜店 屋上「太陽の広場」

22日は夏至ですね。一年の中で最も昼間が長い日。

何か関連記事をと思ったけど、たいしたネタもないので、
「昼間=太陽」という連想から、ちょっと前に行った
そごう横浜店の屋上「太陽の広場」をご紹介。

P1030196

わりと広く開放されていて、写真の右手はヘリポートの
ようなのですが、そこで寝そべる人も多く、
フットサルコートがあったり、園芸店があったりします。

そして奥に進むと、岡本太郎の『太陽』という作品が。

P1030184

【岡本太郎のいる場所 TARO MAP(首都圏版)】
が手元にあったので見てみると、この『太陽』は、
1985年のそごう横浜店開店を記念して作られたそうで、
三つの顔を持っています。

まずは 『朝のやさしさ』 を表現した顔。

P1030187

そして 『昼の力強さ』 を表現した顔。

P1030185

最後は 『夜のおだやかさ』 を表現した顔。

P1030186

・・・で、いいのかな?違ってたらすみませんsweat01
(朝と夜が逆かもしれません)

『太陽』のオブジェの近くには子供用の遊び場があって、
何組かの親子連れが子供を遊ばせていました。

そしてさらにその奥には神社があったりして・・・。
(デパートの屋上って、神社があることがわりと多いですね)

P1030189

さて、この「太陽の広場」はエリアに名前がついていて、
岡本太郎の『太陽』があったところは「水と緑の広場」
そして海側に行くと「海の見える広場」があります。

「海の見える広場」からは、
お隣の横浜ベイクォーターがすぐ近くに見えます。

P1030194

遠くに横浜ベイブリッジも・・・曇っていてちょっと残念。

P1030193

「太陽の広場」は座るところ(ベンチなど)もたくさんあって、
ちょっと休憩するのには良い場所かも。

ただし、風が強い日は逃げ場がないので要注意です。
そんなときは店内に戻ればいいですね。

※【岡本太郎のいる場所 TARO MAP(首都圏版)】は、
  
川崎市岡本太郎美術館のサイトから
  PDF形式でダウンロードすることができます。

| | コメント (0)

「ケータイお手入れ無料サービス」を受けてみた

Au

通りかかった auショップの前に看板があり、
「ケータイお手入れ無料サービス」というのを
実施しているとあったので、受けてみました。

内容は、
1 ケータイのおそうじ
2 バッテリー容量チェック
3 ケータイアップデート
4 アドレス帳バックアップ

となっていましたが、バッテリーは
ついこのあいだ無料サービスで交換したばかりだし、
アップデートもわりとマジメにやっていることもあってか、
数分程度で完了しました。(おそうじメイン)

サービスの中の「アドレス帳バックアップ」というのは、
「au oneアドレス帳」の案内のようですが、
特に何も案内されませんでした。
興味がある人には案内してくれると思われます。

ついでに6月30日に発売日が迫った
iida infobsr A01の正式パンフ(三つ折りバージョン)
が置いてあったのでいただいてきました。
(暫定版のパンフはペラ1枚だったな~)

P1030226

中はUI (ユーザーインターフェース)と、
アプリケーションの紹介がほとんど。

P1030228

店頭にモックも置いてあって手に取ることが出来ました。
(実機はまだでした)
手に取って改めて見ると、CHOCOMINTも悪くない。
ツルツル感がいい。ツヤ消しのHACCAは汚れそう・・・。

スマホデビューが iPhoneだったことの影響って、
思ったよりも強いかもしれません。(前の会社の貸与品)

さらに、CA007 のパンフもゲット。
やっぱりサンナップオレンジってかわいい色だ。

P1030227

「CHOCOMINTも悪くない」って書いたけど、
今は明るい色のモノを持ちたい気分なのです。

| | コメント (0)

超越する「ツバメノート」

高級な方のツバメノートを買ってしまいました。

P1030154

ツバメノートと言えば、
基本は毛が混じったようなグレーの表紙の大学ノートですね。
(あれは一体何の毛なのかな?ツバメ?・・・まさかね)

今回購入したブルーのセクションノートは、
中紙がクリーム色の方眼紙で透かし入り。

紙はツバメの定番「フールス紙」で、こだわりの糸綴じ製本。
製本テープも強度のある「寒冷紗テープ」を使用。

そして、もちろん「超越」してます。

P1030153

→ このノートの中紙はJISを超越した83.5g/㎡を
  使用しています。

・・・と、そんなJISを超越する紙質の「ツバメノート」

書き捨てるようなメモよりも、
保存しておくような内容を記録したいと思ってしまいます。

今回のツバメノートは糸綴じ製本でしたが、
実は普段はダブルリングのノートが好きな私。
ついでに中紙が方眼になっていると言うことナシ。

最近、仕事のメモなどにはこれを使っています。

P1030170

美しく書くための Campusノート
コクヨと文藝春秋の共同企画で、
東大合格生のノートの取り方から生まれたノート、だそうです。

中紙は方眼ではないけど、ドット入り罫線を採用。

そのドット入り罫線を私は全然活かしていないけど、
コンビニなどで置いてあるお店も多くて比較的手に入れやすい
ということもあり、使う機会が多い気がします。

| | コメント (0)

地デジの準備は大丈夫?

P1030159

みなさん、もう「地デジ化」はお済みでしょうか?
・・・ウチはまだです。

ちなみに我が家にテレビは無くて、
見たい番組があればPCで見ているのですが、
チューナー(写真のもの)がアナログオンリーなので、
まだ地デジ化されていないということになります。

地デジ化に必要な基本3点セット、それは
UHFアンテナチューナー、そしてテレビですね。
(もちろんそれらの配線も・・・ですが、ケーブルTVや
光回線を利用している場合はアンテナ要らずです)

チューナーは外付けでも内蔵でも良いし、
私のようにテレビじゃなくPCでも良いですけど。

ウチは小規模な集合住宅でアンテナ視聴なので、
アンテナに関しては大家さん次第になるのですが、
多分チューナーをデジタル対応にすれば大丈夫。

UHFアンテナが立っているか(機能しているか)は、
視聴可能なチャンネルから、ある程度はわかります。

ウチの場合、神奈川県ですが、
TVK(テレビ神奈川)が視聴出来でも安心できません。
それは横浜局による放送で、
横浜局はTVKの電波しか出していないからです。

NHKと民放局の番組は、東京タワーからの電波で
見ています。なので、東京局のUHF番組(MXTV
放送大学)が試聴できればOKということになりますね。

その両方がアナログな今も試聴が出来ているので、
あとはチューナーを替えれば大丈夫だろうと楽観的。
(TVKよりMXTVの方が映りが良いので、アンテナ方向もOKのはず)

そんなふうに自分の住んでいる地域の
電波状況を知りたいときは、[DPA]放送エリアのめやす 
というページで確認することができます。

でもまあ、普段あまりテレビを見ないので、
せっかくだからアナログ停波を見届けてもいいかな~
なんて思っています。(そういう人、結構いるのでは?)

7月24日を過ぎたら、完全停波までの様子が
youtubeなどにアップされるかもしれませんね。

ちなみに「デジサポ」のサイトに、アナログテレビの
放送終了までの画面イメージが掲載されています。

余談ですが、この停波後の「砂嵐」画面のことを
私が子供の頃は「ジラジラ」と表現していましたが、
それを人に言ったら笑われたことがありました。

画面アスペクト比(縦横の比率)のことも書こうと
思ったのですが、長くなったのでまたの機会に・・・。

| | コメント (0)

大丸有アンダーグラウンド

P1030141

「大丸有(だいまるゆう)」、それは
大手町・丸の内・有楽町の周辺地区をまとめた呼び方。

そしてそのエリアは東京ドームに匹敵する広さにわたり、
地下ネットワーク(通路)で繋がっているのでありました。

先日、東京駅から丸の内マイプラザに行くときに、
丸の内周辺は地下で繋がっていることを思い出し、
地下から行ってみることにしました。

写真は東京駅地下(丸ノ内線の駅改札周辺)から、
行幸通り地下へ行くあたり。

行幸通り地下を直進して、つきあたったら左折。
日比谷通り地下を進んでいくと、
明治安田生命ビル周辺の出口から地上に出ることができます。

と、そんなふうに「大丸有」に、東京駅や二重橋前、日比谷周辺も含めて、
これらのエリア (幅約1.7kmにわたる範囲)が地下で繋がっていることは、
意外と知られていないのではないでしょうか。 (え?そんなことないって?)

私はわりと最近・・・と言っても約2年半ほど前ですが、
街づくり情報誌「ON!」の2008年秋号で知りました。
(『大丸有アンダーグラウンド物語』という特集です)

例えば有楽町マリオンから大手町のサイケイビルまで、
地上に一歩も出ることなくたどり着くことが出来るとか。

他にも地下通路で丸の内側から八重洲側に廻れるので、
東京駅を中心に、地下の回遊散歩することが出来るとか。

とは言え、基本的に地下街ではなく地下通路なので、
見どころはいろいろありそうですが、わりと地味かも。

でもビルの地下街に繋がることだってあるし、
思いもよらない発見があるかもしれないという期待感も含めると、
あえて地下を散策(探索?)するというプランも
面白いのではないかと思うのでした。

| | コメント (0)

マイプラザのパサージュ

P1030143

丸の内MY PLAZAのアトリウムから、明治生命館沿いに抜ける通路。

ガラスの屋根がついた屋内路地空間。

それは明治生命館と明治安田生命ビルの連結部分にあたり、
「パサージュ」と名づけられています。

1934年に建てられた重要文化財の明治生命館と、
2004年に完成した明治安田生命ビルの間を、
左右に70年の歴史を感じながら歩いてみましょう。

外に出る前に、
今歩いてきた道(アトリウム側)を振り返ると・・・。

P1030146

そして外に出ると、左手にHermanMiller Store (ハーマンミラーストア)
があったので、高級チェアにお試しで座ってみようかな~
なんて思ってしまいました。(結局お店に入らなかったけど・・・)

近いうちに明治生命館の見学もしてみようと思います。

| | コメント (0)

PUBLIC SPACE 「MY CAFE」

P1030142

丸の内マイプラザ内にある「マイカフェ」は、
明治安田生命が提供している無料スペース。
もちろん契約者に限らず利用することができます。

私もこの日、用事ついでに休ませていただきました。

最新式らしきコーヒーマシーンがあり、
カップに注がれる量はそれほど多くないけど、
130円~ でコーヒーを飲むことができます。

この日私はエーデルワイスブレンドに惹かれつつも、
ブルーマウンテンブレンドを。(砂糖ミルク抜きで)

そして店内には ipadが何台か置いてあり、
声をかければ利用させてもらうことが出来ます。
(BBモバイルポイントも設置)
急な調べ物があったりしたときに便利かも・・・。

生命保険会社が提供しているスペースなので、
保険の相談コーナーの併設はもちろん、
マーケット情報が表示されるモニタやマーケット情報誌、
経済誌などが置いてあって自由に読むことができます。

資産形成や運用のことなどを考えるのに
良さそうな場所かもしれません・・・。

また丸の内あたりで休みたくなったら、
利用させていただくことにしようと思います。

▽SHOP DATA
 
MY カフェ (PUBLIC SPACE MY CAFE)
 東京都千代田区丸の内2-1-1 丸の内 MY PLAZA 1F
 平日10:00~19:00/土曜日 10:00~18:00

| | コメント (0)

渋谷ランチ「コンコンブル」

P1020983

ひとりランチではなかったのですが、
豪華なワンプレートランチだったので写真を撮らせて
いただきました。

メインは「鶏のバスク風煮込み」・・・だったかな?
それに、スープ・サラダ・パン・デザート・コーヒー。

煮込み料理もパンもデザート(パンプディング?)も、
みっちり詰まっていて食べごたえがありました。
カボチャの冷製スープも美味しかった。

私の記憶では結構古くからあるお店で、
一本脇道に入ったところにあるところが隠れ家っぽい。

根強い人気店のようで、休日の早めランチだったのに、
お客さんがたくさん入っていて賑わっていました。

コンコンブル (CONCOMBLE)
  【
食べログホットペッパー

フランス料理店 コンコンブルぐるなび
[フランス料理店]
フランス料理店 コンコンブル
JR渋谷駅 東口 徒歩1分
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-24 707渋谷ビル1F(地図
ぐるなびで フランス料理店 コンコンブル の詳細情報を見る
※2011年8月15日現在の情報です
ぐるなびぐるなび

| | コメント (0)

市ヶ谷ランチ「花びし」

Ca3c1011

市ヶ谷で、通りかかったお店のランチメニューに
和風の煮込みハンバーグがあったのを見て、
この日のお昼はそれを食べることに決めました。

小料理屋風の居酒屋。
カウンターもあって、ひとりランチにちょうど良かった。

和風煮込みハンバーグは日替わり膳のメニュー。
他のお客さんも頼んでいる人が結構多かったです。

ランチドリンクのコーヒーは、+200円だったかな?

何はともあれ、今日もおなかいっぱいです。

 市ヶ谷 「花びし」 グルメGyaO

花びしぐるなび
[和食・和風居酒屋・鮮魚]
花びし
JR総武線市ヶ谷駅 徒歩1分
〒102-0073 東京都千代田区九段北4-2-11 第2星光ビル102(地図
ぐるなびで 花びし の詳細情報を見る
※2011年8月15日現在の情報です
ぐるなびぐるなび

| | コメント (0)

「漁師寿司きときと 溜池店」

ここ2~3ヶ月間のランチ記事を放出中・・・。

P1020853

14時を過ぎるとランチのお店を見つけるのが、
だんだん難しくなってきます。

この日はカレーが食べたくて、ふと見つけた
「黒カレー」(←カツカレーでした)の看板につられて、
お店に入ったはずなのですが、食券を買うときに
気がつくと「豚の能登焼きステーキ」にしていました。
何故だ・・・sweat01>自分

さて、このお店。
夜は、居酒屋っぽいお寿司屋さんのようなのですが、
ランチメニューは「豚の能登焼きステーキ」と
「黒カレー(カツカレー)」のみだったという不思議なお店。

とりあえず、豚のステーキをガッツリいただきました。
(確かグラム数が選べて、180gだったと思う・・・ 880円也)

P1020854

※ぐるなびにはランチの情報は掲載されていませんでした。

漁師寿司きときと 溜池店
[能登直送の寿司居酒屋]
漁師寿司きときと 溜池店
地下鉄溜池山王駅 10番出口 徒歩1分
〒107-0052 東京都港区赤坂2-10-15 宮原第二ビルB1(地図
ぐるなびで 漁師寿司きときと 溜池店 の詳細情報を見る
※2011年8月15日現在の情報です
ぐるなびぐるなび

| | コメント (0)

渋谷ランチ「BIKINI TAPA」

渋谷マークシティにある、
タパス(スペイン小皿料理)のお店『BIKINI TAPA』でランチ。
前からちょっと気になっていたお店でした。

ランチメニューから、
「カルドソ」というスペイン風おじやのようなメニューをチョイス。
(「豚のモルノーハンバーグ」にしようと思ったら、売り切れだったので・・・)

ランチはサラダが付いて、ピンチョスが選べます。
手前にあるのは「鶏レバーのパティのピンチョス」

Ca3c1003

ピンチョスと言っても串に刺すスタイル
ばかりではないのですよね~。

そして、「魚介と鶏肉のカルドソ」
黄色いのはサフランでも使っているのかな?

Ca3c1005

リゾットや雑炊やおじやよりも汁気が多いスープごはん。
でも身体に優しい感じがします。魚介も肉も入ってるし。

コーヒーは別料金でしたが、
飲みたくなって食後に追加注文。(+200円)

Ca3c1006

パエリアランチもあるようですが、
「豚のモルノーハンバーグ」が食べられなかったことが
ちょっとだけ心残りとなりました。

Catalan Spanish “Bikini TAPA”
[カタランスパニッシュ]
Catalan Spanish “Bikini TAPA”
JR渋谷駅 徒歩2分
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-5
渋谷マークシティ レストランアベニュー4F(地図
ぐるなびで Catalan Spanish “Bikini TAPA” の詳細情報を見る
※2011年8月15日現在の情報です
ぐるなびぐるなび

| | コメント (0)

シリコンスチーマーで、なすのミートグラタン

「ごちまる」食材の続き。

ナスが2本入っていたのですが、実はナスが嫌いです。

でもせっかくなので、食べられるような調理をしようと思い、
シリコンスチーマー(なべ)のレシピにグラタンがあったので、
作ってみることしました。

マカロニをあらかじめ加熱調理して、その上にミートソース
輪切りにしたナスさらにミートソースと重ねます。

P1020996

フタをして 500Wで 7分加熱したあと、
ピザ用チーズとパルメザンチーズを振りかけて、
今度はオーブン(220℃)で 10分加熱。

P1020999

加熱した後。このシリコンスチーマーはオーブン調理OKでした。
 ↓

P1030002

そのままではなんですので、お皿に移してみました。
なんだかボロボロになっちゃったけど・・・。

P1030006

とりあえず生焼けなどはなく、ちゃんと熱は通っていたし、
普通に食べられました。ヨカッタヨカッタ・・・・。

Lekue(ルクエ)も欲しいけど、今手元にあるシリコンスチーマー
(なべ)の調理にもう少し慣れてからにした方が良いかな~と。

もうすぐ新しいレシピ本が発売されるようなので、
どんなレシピが載っているのかはチェックしようと思っています。

| | コメント (0)

パイナップルジャム作り

P1020866

パイナップルは好きな果物。
でもまるまる1個をどう消費しようか・・・。

「ごちまる」から届いたセットの中に入っていた
はちみつパイン

早めに食べた方が良さそうだったので、
半分はカットして冷蔵保存しながら食べることにして、
もう半分はジャムにしてみることにしました。

グラニュー糖とレモン汁の代わりのポッカレモン。
はちみつパインは適当に刻んでみました。

P1020896

実はパイナップルはペクチンが少ないので、
とろみがつきにくいのです。

と言いつつ、とりあえず煮詰めてみることに・・・。

P1020899

ペクチンが少ない果物をジャムにするときは、
お菓子の材料を売っているお店でペクチンを手に入れるか、
ペクチンが多い果物と組み合わせたりするのが王道のようです。

ペクチンが多いリンゴの芯などを煮た汁を使っても良いとか。

案の定、やっぱり固く仕上がってしまったので、
後日100%ジュースを使って少し緩めてみました。

パンに塗るよりもヨーグルトなどに入れる方が
合っていそうなジャムとなりました。
(食感としては、果物のつくだ煮・・・?!)

P1020914

ちなみにこのヨーグルトも、
「ごちまる」おためしセットにあったノンホモヨーグルトでした。

| | コメント (0)

「ごちまる」おためしセット

去年、仕事で出張が多くて宿泊予約に「じゃらん」のサイトを
使っていたら、知らず知らずのうちにポイントが溜まってた。

でも今は出張はないし、特に旅行する予定もなく、
期限が切れてしまうポイントをどうしようかな~と思っていたら、
「ごちまる」というサービスのポイントに
1,500ポイントだけ移行できるとあったので、移行しました。

「ごちまる」は、『ごちそうマルシェ』の略で、「リクルート」と
「オイシックス(Oisix)」のコラボによる定期宅配サービスらしい。

「ごちまる」には「初回限定おためしセット」というのがあり、
時期によって設定価格が違うみたいなのですが、
この時は 1,505円で提供されていて、移行したポイントを
使うと実質 5円で試すことが出来るので、利用してみる
ことにしました。(ちなみにオイシックスでも価格や商品数は
違いますが、初回限定のおためしセットを提供しているようです)

個人で宅配サービスを利用するのは今回が初めてなので、
楽しみにしていたら届きました。思ったより大きな箱を開梱。

P1020863

野菜、果物、生鮮食料品のほか、おやつになるようなものも。
16品目あるので、結構なボリュームです。

P1020865
Gochimaru

はちみつパイン、なす、塩玉ねぎ、フルーツにんじん、
マイタケ、奄美しょうが、ミニトマト、ノンホモヨーグルト、
とろーり絹豆腐、アジの開き、釜揚げしらす、
館ヶ森高原豚モモ肉スライス、はちみつリンゴ酢。

そのほかにも牛乳、卵、ドーナッツなど。

とりあえず冷凍出来るのもは冷凍することにして、
同封されていた商品紹介の保存方法にしたがって、
冷凍庫に入れたり、冷蔵庫に入れたり・・・。

賞味期限・消費期限の早いものから食べていくことにしました。

「ごちまる」は入会金や会費は要らなくて、
送料はかかるけど商品1点から注文も可能なようです。

定期配送をキャンセルするのが面倒になったら
解約すればいいし・・・ということで、しばらくそのまま様子見。
(それって、ごちまるの思うツボってこと?!)

何はともあれしばらくは、
この「ごちまる」のおためし食材を使いながら暮らす予定・・・。

【2012年追記】
その後、解約したので、現在は利用していません。

| | コメント (0)

渋谷ランチ「渋谷珈琲研究所」

Ca3c1014

私がひそかに気に入っているお店「渋谷珈琲研究所」に、
遅めのランチを食べるのに久々に行ってみました。

少し前にモスでB.L.T.バーガーを食べたけど、
こちらでは正統派B.L.T.サンドウィッチを。

それは、『那須・郡司牧場ベーコンのB・L・Tサンド』

そして、ここのお店のカップは顔が描かれたもので
2種類あるのですが、またもや前回と同じお顔でした。

Ca3c1013

サイフォンで淹れたコーヒーは飲みやすいし、
カウンターでその淹れている様子を見るのも楽しい。

しかし、喫茶店の軽食と言っても、
本格的に淹れたコーヒーとセットにすると、
よくある一般的なお店のランチ価格と
変わらないお値段になってしまうものなのよね・・・。

というわけで、やっぱりモーニングがお得。
また機会があれば、ピザトーストかホットサンドで、
ゆっくりモーニングを楽しみたいものです。

ちなみにロケーションはともかく、
このお店で使われている色合いが結構好きなのです。

例えば椅子に使われている
スモーキーなオレンジやグリーン、ベージュなどなど。

経年により少々色褪せてきているようですが、
それもまた「味わい」といったところでしょうか・・・。

とりあえず、なくなって欲しくないお店のひとつです。

▽「渋谷珈琲研究所」関連記事
渋谷珈琲研究所(食べログ)
渋谷珈琲研究所…渋谷駅・新南口前(All About)
  
※このAll Aboutの記事中に店内写真が掲載されています。
JR渋谷駅新南口改札前に本格サイホンコーヒー店「渋谷珈琲研究所」(渋谷経済新聞)

| | コメント (0)

「三鷹天命反転住宅」 たてもの見学会

P1020978

その建物の正式名称は、
「三鷹天命反転住宅 イン メモリー オブ ヘレン・ケラー」
(REVERSIBLE DESTINY LOFTS MITAKA
 - In Memory of Helen Keller -)

荒川修作+マドリン・ギンズ設計の超未来住宅。

この住宅の存在を知ったとき、“たてもの見学会” の
告知がされていたので、申し込んで行ってきました。

そのポップでカラフルなエントランス。

P1020921

見学に解放されていたのは、2LDKタイプのお部屋。
部屋の中央がリビングで、キッチンが円形に配置。

P1020930

キッチンスペースは少し低くなっていて、
カウンターテーブルに向かって掘りごたつのように座れます。
高さも計算されているのか、意外と座り居心地が良いです。

P1020933

天井からは伸縮タイプのコンセントが2本。
(実際に使うと、かなり便利らしい)

そして天井にはたくさんのピンがあり、
フックを使うことで “吊す収納” が出来るようになっていました。

P1020931

そして床。平らではなく、でこぼこしています。
これは裸足で歩くとマッサージ効果があるのか、
なかなか気持ち良いものがあります。

大人の土踏まずと、子供の土踏まずに合うような
大きさの山がランダムに配置されているようです。
(床暖房などはないので、冬はかなり冷えるそう・・・)

P1020935

ちなみに右上側に見えるのはハンモックで、
天井にあるピンを利用して吊り下げています。

寝室として配置されている和室の床は平らでした。
窓際のハンガー類をかけているポールは、
天井のピンから下げた長いS字フックを利用。

P1020925

出入り口は障子になっていましたが、まったく違和感なし。

P1020926

もうひとつの部屋はスタディルーム。円形です。

P1020943

出窓のところ以外は丸い造りです。床も天井も。
寝そべると意外と気持ち良いですが、
この部屋の中では音が反響します。

P1020940

そしてこちらはシャワールーム。
手前に洗濯機置き場があり、その向かい側に洗面台。
シャワーの後ろにぐるっと回るとトイレがありました。
(トイレに扉はありません・・・まあ、見えませんけど)

P1020927

他にも、部屋の中に梯子があったり、ポールがあったりで、
使い方は住む人しだい。センスが問われそうです。

P1020945

部屋に使われているカラフルな配色は、14色とのこと。
(部屋によってカラーリングが異なります)

色がこれだけあると自然と交わってきて、
目が慣れてしまいます。何だかちょっと不思議です。

P1020972

この住宅は、住まいが身体の延長にある器であるという
考えから、例えばヘレン・ケラーが身体を使って、
自然と環境・人間の関係を知ったように、
身体の持つ大いなる希望と生命の無限の力を
体験出来る設計になっていることが、
その「使用法」とともにパンフレットに書かれていました。

例えば、平らではない床や丸い部屋、多数の色、
天井のたくさんの吊り具(ピン)、などなど・・・
一般的な住まいのあり方を覆す部屋で、それらをどう使うか、
どうつき合っていくかを考え、身をもって実践することで、
自らも住まいと一体化するということでしょうか。

ちなみに一部の部屋はウィークリーマンションとして、
借りることが出来るというお話でした。
(1週間で 8万円台~9万円台だったかな?)

そのお値段はなかなかのものですが、
学芸員の方のお話を聞ききつつ部屋を見学しながら、
それなりの時間を過ごしていると馴染んでしまうのか、
ちょっと住んでみたいかも・・・と思ったりしてしまいます。

P1020922

ちなみに、荒川修作+マドリン・ギンズの代表作で、
岐阜県に「養老天命反転地」という公園があります。

そこも敷地が平らではなく、すり鉢状になっていたりして
特殊構造なため、“ケガをする公園” として有名だそうで・・・。

でもいつか行ってみたいな~と思うのでした。

▽DATA (パンフレットより抜粋)---------------------
三鷹天命反転住宅 In Memory of Helen Keller
 所在地: 東京都三鷹市大沢2-2-8
 建築設計: 荒川修作+マドリン・ギンズ
 竣 工: 2005年10月
 構 造:
壁式プレキャストコンクリート造、鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
 階 数: 地上3階

| | コメント (0)

巻き舌のトレーニング法

Toledo_
(世界遺産:古都・トレド / 1996年撮影)

ちょっと前の話。

チェブラーシカ』のロシア語バージョンを見た人が、歌を覚えて
一緒に歌ってみたら、ロシア語にも巻き舌の発音があるのよね~と。
その歌が可愛かったということだったのだけど・・・、

が、やっぱり巻き舌と言えばスペイン語。

そこで私は、実はスペイン語を3日間だけ習ったことがあるけど、
巻き舌の発音がうまく出来なかったという話をすると・・・。

巻き舌の練習には、
「さっぽろラーメン」 「とろろいも」 という言葉がいいと教えてくれた。
繰り返しているうちに巻き舌のコツを習得出来るらしい。
インターネットで調べていて、そういうトレーニング法を見かけたとのこと。

実際に声に出して、何度か繰り返してみると、
「さっぽろラーメン」の方はどうかな~?と思うけど、
「とろろいも」は効き目がありそうな気がする・・・。

さて話は変わって、3日間のスペイン語レッスンの時のことを。

スペイン語は地方によって発音がビミョーに違ったりするのだけど、
たまたま3日とも違う地方の先生だったので、
その違いが如実に分かるという経験をしたのでした。

例えば、「lla」 の発音。これをマドリード出身の先生は「ジャ」と発音。
ウルグアイ(南米)出身の先生は「シャ」と発音。
最終日のイビサ島出身の先生は「リャ」か、それに近い「ヤ」と発音。

具体的には最終日のこと。
前回の復習をしたとき、「彼女」という単語は 「Ella」 というのだけど、
ウルグアイの先生に習ったとおりに私たちが 「エーシャ」 と発音すると、
イビサ島出身の先生が思わず 「Argentina? (アルヘンティーナ?)」 と。

アルゼンチンの人ですか?って・・・。
前回の先生がウルグアイの人だったと伝えると納得してましたが。
で、「Ella」 は 「エーリャ」 という発音に直されました。

結局、その時は本講座は受けず、体験レッスンで終わってしまったけど、
ちょっと面白かったな~という思い出だけが残っています。
そんな私がいつかスペイン語をちゃんと習う日は来るのだろうか?

| | コメント (0)

「エスプレッソ・アメリカーノ」でパスタランチ

P1020857

ESPRESSO AMERICANO(エスプレッソ・アメリカーノ)
でパスタを食べるのは随分と久しぶりでした。

このお店のパスタは細めで、食べやすくてわりと好き。
季節的に変わった味もあるけどハズレが少ない気がする。
ミニサラダが付いてくるのも嬉しい。

今回も節限定メニューが目についたので注文してみました。
それは・・・、

『駿河湾桜エビと春キャベツの味噌風味クリーム』

味噌クリームっていうのはどうなんだろう?って
思ったけど、サラッとしたソースだったので気にもならず。

ぷりぷり海老とキャベツが入って、桜エビとかいわれが
トッピングされた、サッパリしたパスタでした。

| | コメント (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »