« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

「SALUS」表紙:2012

Dscn4774

2012年1月号~12月号の「SALUS」を並べてみました。美しい。

昨年、勝手に表紙グランプリをやったので今年もやってみようかと。

並べてみると、後半の表紙はシックでゴージャスな雰囲気の
写真が多いように感じるけど、個人的には前半の方が好き。

1月、2月、3月、4月、6月、8月あたりが気に入りました。

そして2012年私的グランプリは、ちょっとオトメな 3月号に贈呈。

Img_20121216_110122

1月号と最後まで悩んだけど・・・。

パステルカラーって色としては弱いと思うけど、
3色使っていることで華やかな雰囲気になっていて、
巻かれたリボンや背景になっている3色ラインなど、
全体的に統一感があり、バランスが良い印象。

そんな表紙のスイーツは、尾山台にある
ラルカンシェルというお店の「ル・プランタン」

春らしい色合いのビスキュイに囲まれた中は、
カシスムースとアプリコットジャムの上に生クリーム。
ピスタチオもトッピングされていて美味しそうです。

そして来年も「SALUS」、読み続けますよ。

●「SALUS」表紙 関連記事
「SALUS」表紙:2009 (2009/05/22)
「SALUS」表紙:2011 (2011/12/28)

| | コメント (0)

「足の冷えない不思議な靴下」は本当に冷えないの?

私はマッサージやリラクゼーション関係の人からお墨付きを
いただくほどの冷え性でございます。特に末端は冷え冷え~。

そんな話をしていた矢先、友達に勧められて
「足の冷えない不思議なくつ下」を買ってみました。

友達は寝るとき用のを買ったのですが、私は寝る時に履く
くつ下は持っていたので、普段履き出来るようなタイプにしました。
(ハイソックスの他、レギュラーや短めのタイプもあります)

履いてみると、「冷えない」というより「冷えにくい」という感じ。
おろしたてだと履き口のゴムがちょっとキツイ気もしますが、
洗濯しているうちに緩んでくるかも・・・。

洗濯する時はネットに入れた方が長持ちするので良いですよ
と、ドラッグストアの店員さんからアドバイスをいただきました。

ただお値段は少々高いので、たくさん買うのはちょっと躊躇。
Amazonならちょっとは安くなっているようだけど・・・。

ユニクロのヒートテックくつ下も気になっているので、
今度履き比べてみようと思います。冷えは万病の元なので。

| | コメント (0)

泥武士キッチン「ベジパワープレート」&「グリーンソイチョコジュース」

ファンケル銀座スクエアの地下にあるカフェ「泥武士キッチン」
このたび、お食事券をいただいたので行ってきました。

野菜たっぷりの「ベジパワープレート」を食べてみることに。

ドリンクもつけられるということで、健康的に
「グリーンソイチョコジュース(青汁+チョコ豆乳)」をチョイス。

豆乳がチョコ風味なので、青汁でも飲みやすい。

同じビルの上の階にあるレストランの「ぎんざ泥武士」の方は
かなり前に入ったことがあるけど、地下のカフェは初めて入りました。
(過去には確か 3Fに「ファンケルカフェ」があったと記憶)

セルフサービスになっていて、カジュアルな雰囲気のお店でした。

単にヘルシーメニューを揃えているだけでなく、
ベジタリアン(ヴィーガン含む)のためのメニューもありました。

| | コメント (0)

「GUNDAM Cafe 東京駅店」OPEN!

「GUNDAM Cafe」の3店舗目となる東京駅店が本日オープンでした。

前を通ってみたのですが、店舗は一見するとあまり大きくない感じ。
グッズもそんなに多くなかったけど、東京駅店の限定モノがいくつか。

今ならカレーのセットを食べると、ハロの小皿(数量限定)がもらえるとか。
でもシャアザク・カレーはかなり辛そうだったな~。

| | コメント (0)

「3月のライオン」8巻(手帳付初回限定版)

8巻が出るのは来年だろうと思っていた「3月のライオン」
出てました。なので買ったワケですが、
限定版の手帳(ダイアリー)付があったので、ついそっちを購入。

なので、お値段は少し上がって880円(税込)になりました。

手帳は多分使わないな~と思ったけど、3分の2がメモスペース。
「ノート」としても充分使えます。(可愛いイラスト付で)
※前半1/3は、年間カレンダーと月曜始まりの月間カレンダーで構成。

そして肝心のコミック本編は、今回もグッとくるエピソードが・・・。

注目は零vs宗谷のはずが、そちらはサラッとしたもので
(宗谷のある秘密が明らかになったということはあったけど)、
その後に続く柳原棋匠vs島田八段の対決が重かった~。

個人的に島田八段(が絡むエピソード)が好きなのですが、
今回もおなかいっぱい。二海堂も復活して良かったし。

ちなみに私自身の将棋との関わりを書くと、小学生の頃に学校で、
クラブ活動(夏はバドミントン、冬は将棋・・・多分、先生の趣味)を
していたことがあるのですが、はさみ将棋まわり将棋ばかり
やっていたので、人と対戦できるレベルではないのが残念至極。

その後、弟に駒の進め方とか少し教えてもらったりもしたけど、
ハマってやるところまでは行かなかったなぁ。

そういえばチェスもデザインが好きでミニサイズのセットを買ったことが
あったけど、戦うレベルまで行かないまま終わってしまったし。

あと、オセロも苦手なので、先手を読んで戦略を練るみたいなのが、
性に合わないのかもしれない。そういうのは得意な人(零とか宗谷とか)
に任せて、お手並みを拝見して楽しむのがいいかな。

そんな私ですが、何故か「どうぶつしょうぎ」を持っていたりするのです。

果たしてこの先、私がコミック以外で将棋にハマる日は来るでしょうか?
・・・来ないな、多分。

| | コメント (0)

ローストビーフをテイクアウト

大丸東京店(B1ほっぺたうん)にあるポール・ボキューズ
デリカテッセンでタイムセールをやっていて、
ローストビーフが1パック500円だったのです。

ある日、タイミングよくセールの時間帯に通りかかったので、
思い切ってテイクアウト(残り2つでした)。

サラダも買ったりして、クリスマスには早いけど、
ちょっとリッチな晩ごはんを楽しんでみました。

実際に食べてみると思ったよりもボリュームありました。
これで500円はお買い得かも。
でも一人で食べるのはもったいない。
友達と持ち寄りパーティーでもやりたくなってしまいますね。

| | コメント (0)

「縁」な飴をいただいた

出雲に行ってきた友達からいただいた飴。

「縁」という文字が中央にデザインされています。
中には文字が反対になっているものもあったり。

出雲大社は縁結びの神様と言われていて、
出雲の空港も「出雲縁結び空港」という名前になっているようで。

友達は出雲大社にお参りに行ったのだけど、
泊まった松江がとてもよいところで、
住んでしまいたいと思ったくらいだと言っていた。
静かできれいな(美意識の高そうな)町だったそう。

一方、出雲大社は来年2013年に遷宮があるため、
すでに作業が佳境に入っている状況だったらしく、
落ち着いてお参りすることができなかったとか・・・。

実は来年2013年、伊勢神宮式年遷宮を迎える。

伊勢神宮は20年に一度、出雲大社は約60年に一度
遷宮が行われるそうだけど、それだと重なることは滅多にない。
(少なくとも私が生きている間には二度とないな)

私は伊勢神宮には行きたいとかねてから思いつつも、
なかなかチャンスがなくて今に至っているのだけど
(かつて仕事で三重に行った時も寄ることはできなかった)、
今回の遷宮をキッカケに、来年こそは行ってみるつもり。

| | コメント (0)

mango tree kitchenで「鶏のガパオ」をテイクアウト

通るたびに気になっていたグランスタ丸の内坂エリアにある
「mango tree kitchen(マンゴツリーキッチン)」
イートインスペースもあるけどテイクアウトも出来るお店。

店頭にガパオが並んでいて、それを目にするたびに
いつかテイクアウトして食べてみようと思っていたのです。

ガパオボウル(¥780~)はいくつか種類あって、
[豚のガパオ/ 鶏のガパオ/ 野菜のガパオ/ 海老とイカのガパオ]。

最初なのでマイルドそうな鶏がいいかな~と「鶏のガパオ」に。
ちゃんとパッキングされているのに、エスニックな香りがしてきて
電車に乗って持ち帰るのが若干不安に・・・(笑)。

というわけで、無事に帰ってから開けてみると、中は二段になっていて、
上のトレイにガパオ(鶏肉とバジルの炒め物)と目玉焼きが入っていました。

電子レンジで温めて、ご飯の上に具材を乗せて混ぜて食べます。

香りが結構強かったこともあって何となく想像できたのですが、
思いのほか辛味がありました。

結構前だけどエスニック料理をよく食べている時期があって、
ガパオもいろいろなお店で食べたけど、辛さが強くて気になったことは
あまりなかったので、私のエスニック力(ガパオ力)もすっかり落ちたなと。

他のテイクアウトメニューに「グリーンカレーボウル」もあったけど、
これも多分辛いんだろうな~。

ちなみにタイ料理ではパッタイが好きで、トムヤムクンは苦手です。

| | コメント (0)

ヴィ・ド・フランスでパンをテイクアウト

時々イートインで利用することがあるヴィ・ド・フランスですが、
たまにはテイクアウトでもしてみようということで。

最初のクロワッサンみたいなのは「さくっとチーズクレセント」
もっちり生地にモッツァレラ・ゴーダ・レッドチェダー・パルメザンの
4種のチーズを巻き込んだパンで、105円とリーズナブルなお値段。

そしてテイクアウトをした理由になったのが「ビーフシチューパン」

このパンをおうちでゆっくり食べたいな~と思ったのでした。
わりとボリューミーなおかずパンですね。

最後に「スパイシーベーコン」のハーフサイズ。

1355057015061

ベーコンとチーズが入ったパンに黒胡椒をトッピングなんて、
美味しくないわけないじゃないですか。(←「ない」ばっかり・・・笑)

実は先月のことなので今は販売していないかもしれませんが、
好評を得た商品なら、また販売されることもありますよね。

さてヴィド・フランスといえば、系列店の「デリフランス(Delifrance)」
のパンも食べてみたいな~と思っています。
お店の前を通ることはたまにあるけど、入ったことがないので。

| | コメント (0)

iTunes11にアップデート

先月末に iTunesがver.11にアップされましたね。私もアップデート済み。

インターフェイスもどんどん視覚重視になっているという印象。
いきなりアルバムのアートワークがずらりと表示されてサイドバーはないし・・・。

となると、以前の表示形式に戻したくなるもので(笑)、
あれこれいじってみたりネットで調べたりして、かなり近い状態まで戻しました。

とりあえずやってみたのは以下のこと。

cd表示形式が「アルバム」になっているのを「曲」に切り替える。
cd左上隅にある▼ボタンをクリックして「メニューバーを表示」させる。
cdメニューバーの「表示」から「サイドバーを表示」させる。
cdステータスバーがなければ「表示」→「ステータスバーを表示」
cdカラムブラウザーがなければ「表示」→「カラムブラウザー」
  →「カラムブラウザーを表示」

これでだいたい終了。・・・と、ここで『あれ?アートワークは?』と。

どうやら左下に表示する設定はなくなったようです。
曲を再生すると、上に小さく表示されました。(下の画像を参照)


【画像: MUSEの「The 2nd Low」を再生したところ】

この小さなアートワークをダブルクリックすると、別ウィンドウで表示されます。

もしかすると後々のバージョンアップで、またサイドバー下にアートワークを
表示できるようになるかもしれないけど、私は正直あまり期待していません。
(と書きつつ、私が設定方法を探せなかっただけかもしれませんけど・・・)

そういえばドラッグするエリアがなくなったら登録の時はどうするんでしょう?
サポートサイトに以下のような情報があったけど、どうも正確ではなさそう。

iTunes 11 for Windows: 曲およびその他の項目にアートワークを追加する

「ファイル」メニューに「情報を見る」ってないものね。まさかこれMacのメニュー?
(これは2012年12月に確認した情報なので、後々修正されるかも・・・)

結局はライブラリの項目を選択して右クリック→「プロパティ」「アートワーク」
タブから追加すればいいのか・・・。
このウィンドウに画像をドラッグしても登録されたので、まあ何とかなりそうね。

でもここまでやって言うのも(書くのも)何ですが、アルバム表示でもいいかなと。

私がよく使う検索方法の、キーボードからアーティスト名を入力すると、
そのアーティストのアルバムを表示させるというのも出来ることがわかったので。

アルバム名で検索したい時は、メニューの「表示」→「表示オプション」から
「タイトル順」に切り替えないとダメみたいだけど。

アルバム表示にして楽しいと思うのは、アートワークをクリックすると、
そのアートワークに使われているカラーで曲リストが表示されることかな。
違和感ないしデザインを損ねない。こういうところはAppleらしいと思う。


【画像: Radioheadの「Pablo Honey」をクリックしたところ。
アートワークを背景にして、曲リストの文字もタイトル文字と同じ紫色】

もちろんこのリストからの再生もOK。

さらに「次はこちら」という、次にかける曲を指定する機能もついたようで、
メジャーアップデートにふさわしい進化を遂げているようです。
(欲を言えば、ウィンドウ枠のデザインは角丸仕上げにしてほしかったけど)

最近自宅にいる時はラジオをかけっぱなしのことが多かったのだけど、
アルバムのアートワークを眺めていると、また聴きたくなっちゃいますね。

| | コメント (0)

2012 Xmasティーバッグセット(ルピシア)

ルピシアのクリスマス仕様のティーバッグセットを買ってみました。
自分用なので、ポーチに入ったものを。

3種類のティーバッグが2つずつ、全部で6つ入っています。
味見するのにちょうどいいしポーチも可愛い。

左から、白いパッケージの「Jingle Bells(ジングルベル)」は、
葡萄の風味が生きたシャンパンの香りの紅茶。

真ん中、グリーンのパッケージの「Carol(キャロル)」は、
ストロベリーとバニラの香りにローズの花びら。華やかなお茶。

最後に右側、パープルカラーのパッケージの
「White Christmas(ホワイトクリスマス)」は、
ホワイトチョコとアプリコットで焼き菓子をイメージしたお茶。

甘い香りのお茶が多いです。香りもハッキリしていました。

私は自分用に買ったけど、
このくらいのサイズならお友達へちょっとしたプレゼントにしても、
大げさにならなくていいかもしれませんね。

| | コメント (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »