« 宮澤正明写真展 「伊勢神話への旅」 | トップページ | 日本のいいもの逸品市場 「CHABARA(ちゃばら)」 »

「ムットーニ・ワールド ~からくりシアター Ⅲ」

八王子夢美術館「ムットーニ・ワールド ~からくりシアターⅢ」が開催。
ちょっと遠いけど、これは足を運ばねば・・・と、行ってまいりました。

個人的にからくり仕掛けのものや、モノの動く仕組みみたいなところに
興味があるせいか(例えばジブリ美術館の「動きはじめの部屋」が好き)、
ムットーニ氏の個展も行ける範囲なら、行ってこの目で見たいと思ってしまう。

さて、「からくりシアター Ⅲ」ということは今回が三度目の開催で、
これまでも八王子夢美術館で二回開催しているということですね。

これまでの展示を見逃してきたことは残念なことですが、
今回展示されていた新旧とりまぜた作品たちを見ていると、
新しくなるにつれていろいろな意味で作品の密度が増しているように感じます。

今回注目の新作は、チラシ等にも使われている「ジャングル パラダイス」

ジャングルの茂みの中から現れる楽団と歌姫、さらにステージが広がり・・・
という感じで、今のムットーニ氏だからこそ作られる世界がそこにありました。

ちなみに美しく撮れているチラシの写真は、
ムットーニこと武藤政彦氏自身によるもの。作品に対する愛を感じますね。

そんな彼の作品に対する愛情は、上演会の「口上」にも表れています。

私はロゴスギャラリーの展示で初めてムットーニ氏による上演会に参加
したのですが、その立て板に水ともいえる語りっぷりは今回も健在でした。

喉の調子が今ひとつと言っていたものの、ひとたび作品にスイッチが入れば、
名調子でギャラリーを巻き込んで会場を沸かせていました。

その「語り」では、単なる作品の動きや仕組みだけを説明するのではなく、
失敗談や苦労話などもユーモアと共に織り込まれていて、
そんなエピソードからもムットーニ氏の作品愛を感じるのでした。

そして今回展示されていた作品に使われている音楽もまた良かったです。
オリジナル曲もありますが、基本的にジャズが多い。
でもスタンダードではないところが音楽に対する造形の深さも感じます。
(個人的にはそれぞれの作品に使われている曲が知りたいところですが)

今回の展示は各部屋に作品が置かれ、タイマーで動くようになっていました。
(受付で会場マップ兼タイムテーブルがいただけます)
全部の作品をしっかり見ようと思ったら、結構な時間が必要です。

でもここはやはりムットーニ作品に興味のある方は、可能な限り
ムットーニ氏自身の作品解説つきで鑑賞いただきたいところです。

9月と10月は日曜と祝日だけでしたが、11月からは土曜日も追加され、
土日と祝日に作品解説(上演会)を行っているようですのでぜひ・・・。

なお解説対象作品は、エリアDに展示されている「トップ オブ キャバレー」
「グロリア マリアが来たりて」「カンターテ ドミノ」「インターメッツォ」
「ジャングル パラダイス」「サテライト キャバレー」
の6作品でした。

他にもたくさんの作品を見ることが出来て、満足な展覧会でした。

最後に、グッズ売り場にいらっしゃったムットーニ氏と少しだけ
お話をすることが出来たのですが、来年春頃(4月下旬~5月上旬あたり)に
渋谷のロゴスギャラリー
で展覧会を開催する予定だそうです。

きっと新作展ですね。楽しみに待つこととしましょう。

●ムットーニ オフィシャルウェブサイト
  ⇒
http://www.muttoni.net/

●EXHIBITION DATA
 ムットーニ・ワールド ~からくりシアター Ⅲ~
  会 期: 2013年9月13日(金)~2013年11月24日(日)
  場 所: 八王子夢美術館
  入場料: 一般 500円

●ムットーニ 関連記事
ムットーニ新作展「NIGHT PARADISE」 (2012/11/10)
「ムットーニのからくり劇場」 (2012/09/07)

|

« 宮澤正明写真展 「伊勢神話への旅」 | トップページ | 日本のいいもの逸品市場 「CHABARA(ちゃばら)」 »

01_デザイン/アート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 宮澤正明写真展 「伊勢神話への旅」 | トップページ | 日本のいいもの逸品市場 「CHABARA(ちゃばら)」 »