« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

ゲイリー・ムーア「パリの散歩道」を聴く

フィギュアスケートの羽生結弦選手がソチオリンピックで100点越えを果たした
ショートプログラムに使われていた曲はゲイリー・ムーア「パリの散歩道」でした。

私は全日本選手権から見ていたのですが、久々に聴いたな~と。
しかも競技に使われるのでインストバージョン。
まさかフィギュアスケートでこの曲が使われることになるとはね・・・、
夢にも思わなかった。

私は元々ゲイリー・ムーアを姉の影響で聴き始めたのですが、
後に自分でも何枚かアルバム(CD)を買っているので
「パリの散歩道 (Parisienne Walkways)」もバージョン違いで
数パターン聴いているのです。

が、そのほとんどがヴォーカルバージョンで、
インストは「LIVE AT THE MARQUEE」に入っているものだけでした。

どうやら羽生選手の使用曲の元ネタも「LIVE AT THE MARQUEE」だったようで、
日本の発売元であるビクターエンタテインメントは「LIVE AT THE MARQUEE」と、
同じ音源を収録するベストアルバム「ゲイリー・ムーア・ベスト/
GARY MOORE BEST」
のアンコールプレスを決定したそうです。

「LIVE AT THE MARQUEE」は輸入版だけど手元にあるからいいとして、
「GARY MOORE BEST」の方は 「ヒロシマ」という曲も収録されているので
ちょっと欲しいなと思ってしまいました。

【参考記事】
羽生結弦選手「パリの散歩道」は、34年前のライブ音源 (BARKS)

| | コメント (0)

おだしうどん・釜飯 「かかや」でランチ

武蔵小杉の東急スクエアに時々行くことがあるのですが、
今までお店で食事をしたことはありませんでした。
(勝手な思い込みかもしれないけど、わりといつも混んでいる気がする)

が先日、どこかでランチを・・・ということがあって、
その時は釜飯が食べたくなって「かかや」に入店。
釜飯と小うどんのセットを食べてみました。

釜飯は王道的な「鶏五目の羽釜」、小うどんは「生湯葉と水菜」を選択。
セットには他に、サラダとミニデザート(わらびもち?)が付いていました。

生湯葉と水菜のうどんはあっさりしてそうなので、テーブルにあった
『かかや自慢の削り粉節』というのをちょっとかけてみたり・・・。

釜飯は小ぶりに見えて深さがあるので、結構ボリューム感ありました。
うどんも「小」のわりには食べごたえあったし。

メニューを見ていたら、サラダうどんやクリーム系のうどんなんかもあって、
面白いな~と。

お店のホームページを見てみたら、どっちに入ろうかな~とちょっと迷った
「おぼん de ごはん」という定食屋さんは、「かかや」と同じ系列みたいだ。

●おだしうどん かかや(嘉禾屋)⇒http://odashiudon-kakaya.com/

| | コメント (0)

東京駅 GRANROOF ベストリアンデッキを歩く

昨年(2013年)9月20日にグランドオープンした「GRANROOF(グランルーフ)」

久しぶりに東京駅周辺まで行った時に、2階のベストリアンデッキを歩いてみました。
ノースタワーとサウスタワーを繋ぐ空間で、約230mもあるのだとか。

壁面緑化がされていまして、冬でも彩りがあって良いですね。

最初の画像が、ノースタワー側からサウスタワー側へ向かって行く時のもので、
下の画像がサウスタワー側からノースタワー側を見たところ。

結構幅もあってゆったりした空間でした。
たまたまかもしれないけど、あまり人もいなかったのでゆっくり歩けたし。

GRANROOF は地下1階~地上3階の空間で、飲食店も何軒かありました。

あと、この2階の空間にはトドコモのショップや携帯・スマートフォンの
アクセサリショップがあったりして、何だか不思議な取り合わせだなと。

東京駅の端から端まで移動する時に、駅ナカを通ってもいろいろお店が
あって楽しめたりするけど、外の空間を移動するのもいいなと思いました。
夏は暑そうだけどね~。

GRANROOF (グランルーフ) [TOKYO INFO]

| | コメント (0)

渡辺おさむ 「Sweets Sentiment」展

0_dscn5551

フェイク・クリーム・アートの第一人者と言われる渡辺おさむの個展が開催。

私も今までちょこちょこと作品を拝見することはあったのですが、
比較的大きな個展を都内で、という機会は思えばなかなかなかったなと。

しかも会場はよく行く銀座の「ポーラミュージアム アネックス」
渡辺おさむ作品の世界観に、とても合っている会場のような気がします。

会場は写真OKでしたが、やはり興味のある方にはぜひ会場に足を運んで、
過剰なまでにデコレーションされた作品をリアルで見ていただきたいところ。

とは言え、雰囲気だけでもということで、会場の様子と作品をほんの一部ですが。
(多分、ネット上の様々なサイトで様子が紹介されることと思いますが)

さっそく、エントランスからの会場風景を。

Dscn5538

右手側の作品は「sanctuary」。動物たちがスイーツで彩られています。

左手側にはエッフェル塔のような「sweets tower」

Dscn5529

スイーツたっぷりです。

奥にあった「unicorn」は、たてがみのあたりに注目。パステル系ギッシリ。

Dscn5492

もちろん角や身体も、クリームやスイーツでデコレーションされています。

私が好きな「地図」がモチーフになっている作品もありました。

Dscn5470

「sweets room」のテーブルで、世界地図になっています。
日本がどこにあるかわかるでしょうか? わかりますよね~。

そして会場の中で、ひときわ大きく目立つ作品「atlas」より一部を。

Dscn5504

大きな二段重ねのチョコレートケーキに、
ロダンの「考える人」をモチーフにした像をぐるりと設置。
スイーツの台座にスイーツなヘアスタイル。
なかなかにインパクトがある作品でした。

他にも豪華な食卓を再現した作品「the last supper」などもあり、
また名画をモチーフにした作品も多く、見ごたえ充分でした。

細かいところまでギッシリとスイーツやクリームに埋め尽くされた
作品の数々は、見ているだけでおなかいっぱいに・・・(?)

フェイクとは言え、細かいスイーツをひとつひとつ、
色合いや配置などバランスも考えて作っているんだろうな~と
思いながらの鑑賞となりました。

最後に、壁に飾られていた華やかな立体作品「happiness」を。

Dscn5478

隣にモノトーンタイプの作品「monochrome」があり、それも印象的でした。

●EXHIBITION DATA

渡辺おさむ 「Sweets Sentiment」展
 会 場: ポーラ ミュージアム アネックス 
 会 期: 2014年2月7日(金)~2014年3月9日(日) ※会期中無休
 入館料: 無料

●渡辺おさむ 関連記事

 「art_icle」渡辺おさむ特集号 (2012/02/18)
 渡辺おさむ展 「そして砂漠はデザートに姿を変える」 (2011/11/19)

| | コメント (0)

銀のあん「クロワッサンたい焼」

「クロワッサンたい焼」という商品名が目に入り、ちょっと味見。
一匹 200円。見た目は羽つきのたい焼という感じですが・・・。

表面などを見た感じで結構甘いのかな~と思いましたが、
意外にそれほどじゃなかったです。(ちなみに中は粒餡)

クロワッサン生地はしっかりめで、羽の部分はカリカリでした。

銀のあんのサイトで商品紹介を見ると「期間限定」となっていました。

いつから販売されていたのかわかりませんが、
クロワッサン生地でたい焼を焼くというのは、ありそうでなかったアイデアだなと。

特設サイトも出来ていました。 http://www.croissant-taiyaki.com/

| | コメント (0)

奈良市観光協会キャラクター「しかまろくん」を発見

横浜そごう前のイベントスペース(新都市プラザ)で、
奈良市観光協会マスコットキャラクターの「しかまろくん」を発見。

2014年2月7日(金)~ 9(日)の期間、開催中の
「ほんまにええとこ関西観光展 in 横浜」というイベントで、
関西の7府県(滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、
和歌山県、三重県)がその魅力を紹介するというものらしい。

各府県のゆるキャラもPRに一役かっているというわけですね。

私のまわりにいた人々(主に女性)は並んだゆるキャラたちを
撮影しながら、「しかまろくん、一番かわいいね」と褒めていました。

各府県のパンフレットもたくさん置いてあり、
ちょっと興味があったのですが、時間がなかったので残念でした。

実はこの日は大雪が降った日でした。
関西から来ている関係者の皆さん、大変だっただろうな~。

●奈良市観光協会 公式HP⇒ http://narashikanko.or.jp/

●しかまろくん Facebook⇒ https://ja-jp.facebook.com/shikamarokun

| | コメント (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »